スポンサーリンク

 

 

社会問題1つともいえる「うつ」。

ひと昔とは少し状況が変わって、「うつ」にも変化がでてきているようです。

 

それは「従来型うつ」と「新型うつ」と呼ばれるもの。

従来型うつ」とは、今まで皆さんがなんとなくでも

聞かれてきたあの「うつ」のことです。

 

それに対して、ここ10年ほどで増えてきた「新型うつ」。

目まぐるしく変わる日本の社会の中でこの「新型うつ」の

患者が増えているというのです。

 

一体それはどのような症状なのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

 

 

従来型うつとは?

関連記事:サラリーマンのうつ病が急増!うつ病予備軍の割合が増えた理由とは?

 

まずは「従来型うつ」の症状から見ていきましょう。

皆さんがなんとなくイメージできる「うつ」の症状を思い浮かべてみてください。

だいたいそのイメージできた症状に近いかと思います。

 

「従来型うつ」の症状とは?

  • 疲弊
  • 不眠
  • 食欲低下
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 便秘
  • めまい
  • 動機
  • 自分を過度に責める
  • 遅刻や欠席が増える
  • 会社を休むことに罪悪感を感じる
  • 集中力が落ち仕事でのミスが増える

 

このような症状が現れます。

私自身、21歳の時、ひどい「うつ」ではありませんでしたが、

腹痛や便秘、めまい、不眠といった症状がでて

うつっぽくなっていた時期がありました。

 

またこの「従来型うつ」は、気分に波があまりなく、

いつも気分が落ちているような日々が続きます。

趣味や好きな事をやっていても改善されにくいのです。

 

病院で「うつ」と診断されれば、

薬などによる治療を受けることになります。

 

「従来型うつ」は薬が効きやすいので、周囲の人から

「ひょっとしてうつなんじゃないの?」と言われたことがあるような人は、

一度受信されてみた方がいいかもしれません。

 

私の場合はひどくなる前に会社を辞めましたので

病院に行くことはありませんでしたが、

あのまま仕事を続けていたらと思うと、

少しゾッとします。

 

新型うつとは?

 

スポンサーリンク

 

次に「新型うつ」を見ていきましょう。

別名「現代うつ」とも言われることから、

今現在の社会環境が大きく影響していると言えます。

症状は「従来型うつ」とはかなり異なり、

一見すると本当に「うつ」なのか?

と思う人が多いかもしれません。

「新型うつ」の症状とは?

  • 他人を責める
  • 頭が重い
  • イライラする
  • 過食
  • 摂食障害
  • 過眠
  • 頭が重い
  • リストカット
  • よく眠れない
  • 疲労感が取れない
  • 職場に来ると抑うつ気分に襲われるため出勤できない
  • 叱責されると過度に落ち込む
  • 褒められると元気になる
  • 体が鉛のように重い

 

自分を責めてしまう「従来型うつ」とは真逆のような、

自己愛が強い症状が現れます。

 

趣味などは本当に楽しめるのですが、

出勤すると途端に拒絶反応が現れたりするので、

プライベートしか見ていない友人や家族は

気付きにくいかもしれません。

 

また職場では、仕事中は「うつ」の症状が出ているのですが、

例えば休日にたまたま趣味のスポーツなどを楽しんでいる状況を見てしまった場合、

単純に仕事が面倒で「うつ」のフリ、つまり仮病を使っているだけなんじゃ?

と思われたりすることも少なくないようです。

 

非常にわかり辛く、理解されにくいのが「新型うつ」の特徴です。

その上病院で処方される薬も効きにくいという特徴もあります。

 

まとめ

 

22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s

 

関連記事:サラリーマンのうつ病が急増!うつ病予備軍の割合が増えた理由とは?

 

このように現代社会で生きる我々サラリーマンの中でも、

特に若い世代から中堅クラスの世代(アラフォー世代)が

「従来型うつ」と「新型うつ」の両方を患っている

人が多いです。

 

その症状も、一般的に知られている症状と知識がなければわからないような

「新型うつ」の症状など、理解されにくいものもあります。

 

「うつ」は周囲の人たちの気付きによって、

本人自身が初めて自分が「うつ」だと認識するケースもあるのですが、

特に「新型うつ」は周囲から気付かれるどころか全く理解されない場合も多いので、

そういった意味では「従来型うつ」よりも注意が必要かもしれません。

 

スポンサーリンク