スポンサーリンク

 

仕事上、ヘルメットを被っている方は結構多いかと思います。

私も仕事が建設業ですので、毎日毎日ヘルメットを被って仕事をしています。

 

これは業務上欠かすことのできない、大切な安全対策の1つですよね。

時には命に関わるような危険な仕事もあるわけですから。

 

しかし、実はもう一つ尊い命が失われる可能性があることをご存知でしょうか?

ずっと一緒にいると思っていた、あなたの大切な髪の毛です!

 

「ヘルメットを被る仕事はハゲる」と聞いたことありませんか?

ヘルメットを被る仕事をしている方であれば、必ず聞いたことがあるかと思います。

 

周りの同僚や同業者の方を見てみてください。

注意深く見なくとも、ハゲていたり薄毛になっている人が結構いますよね?

そう、ヘルメットを被る仕事は、ハゲやすいのですッ!!!

 

今回は、誰よりも私自身が一番知りたいヘルメットを被る仕事をする人が、

普段気を付けるべきポイントなどを見ていきたいと思いますッ!

(私が一番必死かもッ!?)

 

ヘルメットを被る仕事はハゲている人が多い?

 

e6804ab0566b32cb643bf429a577bb8c_s

建設業や建築業の仕事をしている人達は、

毎日毎日ヘルメットを被って仕事をしています。

雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も・・・

毎日毎日ヘルメットを被っていますよね。

業務の性質上、必ず装着しなければならない必須アイテム。

高所からの落下や上部からの物の落下、

狭い場所を移動する時に鋼材から頭部を守るため。

ヘルメットを被ることによって助けられることは非常にたくさんあります。

まさに命と体を守る重要な安全ツールです。

実に多くの危険から私たちを守ってくれるヘルメットですが、

中には守るどころか命すらも奪う危険な一面も併せ持っています。

髪の命です!

あなたの職場にいる同僚の方々を見てください。

薄毛の人が多くありませんか?多いですよね?

いや、回りくどく言っても仕方ありませんのでハッキリ言いましょう、

ヘルメットを被る仕事をする人はハゲている人が多いですッ!

私の職場では、私を含め20人ほど作業員がいますが、

ハゲもしくは薄毛ではない人は6名ほどです。

そのうち20代の若者が3名。

つまり、30代以上でハゲていたり薄毛になっている人は17人中14人です!

実に8割以上の人が(私を含め)、ハゲや薄毛に悩んでいるという現実があります!

周りの同業者の方々や客先の方も、同じような状況です。

みんなハゲや薄毛で悩んでいるのです。

これは一大事です!何とかしなければいけません。

このままいけば、建設業や建築業界はハゲの巣窟と化してしまいますッ!

なぜヘルメットを被ると薄毛になるのか?

それではなぜ、ここまでこの業界はハゲや薄毛で悩む人が多いのでしょうか?

ヘルメットを被って仕事をしている時に、そのヘルメットの中では

一体何が起こっているのでしょうか?

 

ヘルメットとの摩擦

ヘルメットを被って仕事をしていると、

きっちりヘルメットのあごひもを締めていても多少は動いてしまいます。

 

特に頭頂部、つまりつむじの部分はヘルメットの内面と接触していますので、

ヘルメットが動いた時に摩擦を受けているのです。

 

周りの人たちを注意深く見てください。

注意深く見なくても、すぐに見つかるはずです。

つむじの辺りが薄毛になっている人が多くないですか?

 

頭頂部がヘルメットの内面と擦れあっているため、

つむじの辺りが薄毛になっていくのですッ!

 

蒸れによる雑菌の繁殖

寒い冬の時期ならまだしも、暑い夏の時期は大量の汗をかきます。

そんな時、ヘルのメットの中では熱がこもり非常に蒸れてしまっています。

蒸れていると、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮環境は著しく悪くなっているのです。

 

当然ヘルメットにも汚れや埃、汗などが付着しているので

さらに雑菌は増殖しているはずです。

そんなヘルメットを毎日に様に被り続けているわけですから、

想像するだけでも鳥肌が立ちそうです!

 

そんな最悪の頭皮環境が続いてしまうと、

脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまう可能性だってあります。

 

そうなってしまうと、いっそう抜け毛が進行し

大切な髪の毛の命が奪われ行くのです。

 

※脂漏性皮膚炎とは皮脂分泌量が多い場所に発症しやすく、

頭皮であれば目に見えるほどのフケが出てきたりします。

これはフケ症とは違い、カビやダニなどの雑菌が増殖することで起こる

頭皮の炎症で、頭皮が赤くなったり痒くなったりします。

 

頭部の圧迫による血行不良

ヘルメットを被る際に顎ひもを締めて固定しますが、

それとは別にアジャスターを後頭部で締め付けることによって

ヘルメットがズレ動かないように固定します。

この時、必要以上に締め付けすぎると頭部を圧迫し血液が循環しにくくなります

 

血液の循環が悪くなると、髪の毛に十分な血液が行き渡らなくなりますので

酸素や栄養が不足し、やがて髪の毛はやせ細って抜けていってしまいます。

 

ヘルメットを被る仕事をしている人がとるべき対策

スポンサーリンク

このままでは、建設・建築業界で働く人たちは

ほとんどハゲの道を進んでいってしまいます。

このままハゲていくしか道はないのでしょうか?

 

そんなことはありませんッ!

私たちにも髪は残るはずですッ!

 

正しいケアや対策をなるべく早い段階から続けていけば、

薄毛や抜け毛の進行を止められるはずですッ!

 

では、我々のようにヘルメットを毎日のように

被って仕事をしている人たちは、

日頃どのようなことに注意していかなければならないのでしょうか?

 

ヘルメットを被る時にとる対策

まずは、毎日被らなければならないヘルメットについてです。

 

基本的に、不衛生なのは何においてもいいことではありません。

当然ヘルメットにも同様の事が言えます。

ヘルメットを毎日洗うのは少し大変かもしれませんが、

頭皮と直に接触するものなので、常に清潔に保っていたいものです。

 

洗う時の注意点としては、ヘルメットの中の吸収剤が取り外せるものは

取り外して洗うということと、洗剤を付けて洗うと思いますので、

洗い残しがないようにすることです。

 

洗剤が残ってしまうとそれが頭皮に付着することになりますので、

頭皮を痛めてしまいます。

しっかり濯いで乾燥させましょう。

 

また、インナーキャップなどを被ってヘルメットを被るようにします。

タオルなどもいいですね。

汗を吸収してくれますし直にヘルメットが頭皮に接触しませんので、

摩擦による髪の毛の痛みも緩和できます。

 

工事現場や会社のルール等で、タオルを頭に巻くことが禁止されている

ところもあるでしょうから、決められたルールの中で、

使用できる物を選ぶようにしてください。

 

また、ヘルメットを自由に選ぶことが出来るようであれば、

通気性の良いものを選びましょう。

今は、通気口付のヘルメットなども売ってありますので、

通気をよくし湿気が溜まらないようにすればもっと効果も上がると思います。

 

毎日髪を洗い頭皮を清潔に保つ

これは言うまでもありませんが、建設現場での仕事というのは

だいたい埃やゴミが体につくことがほとんどです。

そうでなくとも、毎日お風呂には入りましょう。

 

当然でしょ?と言いたくなるかと思いますが、

中には毎日お風呂に入らない人も実際にはいます。

私の職場にも1名そのような人がいますので・・・。

 

その人はもう、ツルッツルにハゲてしまっていますが、

あれはハゲるべくしてハゲたとしか言いようがありませんね。

不衛生極まりない!

髪の毛だけでなく、臭いもしますのでお風呂には毎日入って

心身ともにリフレッシュすることは基本中の基本と心得ましょう!

 

また、髪を洗う際の注意ですが、シャンプーやリンスなどの

洗い残しがないようにしっかりと濯いでください。

頭皮に残ってしまいますと、抜け毛の原因になりますので逆効果です。

 

せっかく綺麗にしているのですから、

シャンプーにかけた倍の時間は、濯ぐようにしてください。

 

関連記事:男のシャンプーのダメな例は?髪の洗い方が悪いと抜け毛が増える?

 

頭皮のマッサージを毎日行う

ヘルメットを被ることで、頭部が圧迫されますので

血液循環が多少悪くなります。

休憩時間などは必ずヘルメットを脱ぐようにし、

時間があれば軽く頭皮をマッサージしましょう。

 

お風呂上りや就寝前、朝起きた時などにも

欠かさず頭皮マッサージを行いましょう。

普段から血液の循環を促進すようにマメにマッサージを行ってください。

 

まとめ

何はともあれ、私たちの仕事というのは汚れる仕事がほとんどです。

まずは体も道具も清潔に保つことが基本にあります。

 

あとは、洗うときの注意点、洗剤やシャンプーなどが残らないようにしっかりと洗い流す

ということを意識して洗えば、頭皮に付着するリスクもかなり抑えられると思いますので、

その点を注意してください。

 

そして可能であれば、ヘルメットと頭皮が直接接触しないように、

インナーキャップ等を被るようにし、摩擦による頭皮や髪の痛みを軽減すれば

ヘルメットによる薄毛や抜け毛は大幅に改善されると思います。

 

こまめにマッサージをすることもオススメです!

常に血行を良くし健康な髪の毛へ育つようにマッサージを毎日行いましょう!

 

スポンサーリンク