Pocket

 

「頭皮が脂症だとハゲる」と聞いたことがあります。

実は私の頭皮は脂症ではありません。

しかし薄毛で悩んいます。

 

・・・なんで?

 

別に原因があるのでしょうか?

頭皮が脂症だとハゲるということ自体がウソなのか?

これから薄毛対策をしていく身としては、

原因を突き止めなければどうしようもないわけです。

 

よくよく考えれば脂症ではないのだから、

薄毛に悩まされること自体がおかしな話なのに。

「頭皮が脂症だと薄毛になる」はうそ?

??

結論から言うと「うそ」です。

 

確かに頭皮に皮脂が溜まりすぎるのはよくないと思います。

臭いとかもしてきますしね。

清潔である方がいいに決まっていますが、脂症=薄毛ではないということです。

 

朝起きて仕事に行き、汗だくになって帰ってくる。

そこでお風呂に入って頭や体をきれいに

するわけですが、

当然お風呂に入る前は汚れや埃、

皮脂が頭皮はベットリ付いているわけです。

脂症の人は、人よりももっと皮脂がついているかもしれません。

 

しかし、毎日このサイクルは繰り返されるわけですから、

髪の洗い方や使っているシャンプーが人それぞれ違うとしても、

脂症の人だけが薄毛になりやすいというのも考えにくいですよね?

一日に一度は頭皮が綺麗になっているんですから。

 

現に脂症の人でも髪がフッサフサの人も

大勢いますし、

私のように脂症じゃなくても薄毛に悩む人はたくさんいます。

 

頭皮の脂の役割とは?

 

 

そもそも頭皮の皮脂が薄毛を招く悪者なのか?

何のためにこの皮脂が存在しているのか?

まずはそこを知る必要があります。

 

皮脂の役割と、皮脂が少なすぎると起きる現象

皮脂の役割とは、以下のようなもです。

  1. 水分を保ち保温してくれる
  2. 弱酸性のため細菌から守ってくれている
  3. 髪の毛や頭皮を滑らかにしてくれている
  4. 埃や紫外線から頭皮を守ってくれている

 

このような役割を果たしてくれているわけです。

では、皮脂が少なすぎると一体どうなるのか具体的に見ていきましょう。

 

皮脂が少なすぎると頭皮はこんな状態になってしまう!?

  1. 水分が蒸発しやすくなり頭皮が乾燥してしまう
  2. 細菌が繁殖しやすい環境になる
  3. 髪の毛がバサバサになる
  4. 埃や汚れが付きにやすくなり紫外線が直接頭皮に降り注ぐ

 

とまぁ、単純に考えただけでもこれくらいの症状は想像ができますよね。

 

なんだよ・・・

脂必要じゃん!

 

そうなんです。

脂(皮脂)は必要なんです。

 

ここまでくると、むしろ私のような

乾燥肌の人が薄くなりやすいのではないか?

と思ってしまいます。

 

「脂症が薄毛になる」という認識が

一般的に浸透したのは、シャンプーメーカーが影響しているようですね。

 

「脂をゴッソリ落とさないと薄くなりますよ!そこでこのシャンプーがおすすめです!」

みたいなうたい文句で商品を販売する必要が

あったので、一般的にこの認識が広まったようです。

 

間違った情報に惑わされないよう注意しましょう。

 

 

薄毛には男性ホルモンが影響しているのか?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

男性ホルモンが増えるとハゲやすくなる

という話も聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

筋トレしすぎるとハゲると言われるのは

筋肉の成長に男性ホルモンが必要なため

このような言われ方をしているのだと

思いますが、これは正確に言うと間違いなんです。

 

正常な男性ホルモンが増えてもハゲることはありません。

 

正常な男性ホルモン??

 

と思った方も多いかもしれませんが、

つまり正常ではない男性ホルモン

存在するのです。

 

これは正常な男性ホルモンが変異し、

異常な状態の男性ホルモンとでも

言いましょうか、

正常ではなくなってしまうのです。

 

この異常な男性ホルモンが原因で薄毛になることを

AGA(男性型脱毛症)

といいます。

 

つまり

男性ホルモンの増加=薄毛ではない

ということです。

 

※AGAが原因で薄毛や抜け毛になっている

場合は自力での改善はほぼ不可能と思って

いいかもしれません。

病院できちんと見てもらった方が無難です。

病院でもAGAなのか診断してくれるみたいですよ。

 

【追記】

初期段階なら自力でなんとかなるかもしれません!

私の体験談をご覧ください!

 

まとめ

ce09a7fa7e41d15f31d0013e08ae60e2_s

ここまで読まれてきて、少しは不安が解消されましたか?

 

【脂性=薄毛になる】は間違い

 

【男性ホルモンの増加=薄毛になる】は間違い

 

これはわかっていただけたかと思います。

皮脂はなくなると乾燥を招いたり、

細菌の繁殖を促したり、

汚れや紫外線から守ってくれなく

なりますので、むしろ必要なもの。

 

髪の洗いすぎや時間をかけて洗ったり、

すすぎ切れずシャンプーが頭皮に残ると

皮脂が極端になくなってしまいますので

何事もやり過ぎはよくないということです。

 

男性ホルモンに関しても、

正常な男性ホルモンが分泌されていれば

薄毛につながることはありませんので、

「筋トレが趣味」という人も

臆することなく体を鍛えて大丈夫です。

 

「そんなこと言っても最近薄毛になってきたんだけど!」という人は、

AGAの可能性があるかもしれません。

 

日本人男性のおそよ30%の人がAGAを

発症しているらしいので、

一度病院で相談してみた方がいいかもしれません。

 

自力で治したい人はこちらを参考にしてください。

 

薄毛対策はスピードが命です。

不安に感じたら、とにかく対策を始めていきましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事