Pocket

暑い夏が過ぎると照りつける日差しも

弱まってきますが、紫外線の量はどう変化

するのでしょうか?

 

1年間の紫外線量の変化を図で

見てみましょう!

 

これまでのUVインデックス観測結果

引用元:気象庁公式ホームページ

※●は観測値、細実践は1990年~2017年までの累計平均値となります。

上図はつくば観測地による2017年の

UVインデックスです。

 

UVインデックスとは?
紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく指標化したもの。

 

8月が一番強くなっていますが、

1月・2月・11月・12月以外は

【中程度】~【非常に強い】部分に

あることがわかります。

 

ちなみに記録的猛暑となった

2018年(9月12日現在)のグラフは

こちらです。

これまでのUVインデックス観測結果

引用元:気象庁公式ホームページ

 

このように、紫外線は春や秋でも

かなりの量が降り注いでいるのですね。

 

季節ごとの紫外線量は?

それでは各季節ごとでの紫外線量と、

その特徴について見ていきたいと思います。

 

それぞれの季節でどのくらいの

紫外線が降り注いでいるのかがわかると

各季節での気を付けるべき点なども

見えてくると思います。

 

一番紫外線が降り注ぐ、7・8・9月を

夏の季節として、これを基準に見ていきます。

 

[6月・7月・8月]夏の紫外線量がやっぱり一番強い!

これは誰でもわかっていたことなので

特に驚くこともないと思いますが、

この夏の季節は、

ほぼほぼ【強い】【非常に強い】

と言う部分に位置しています。

 

CMなんかでもこの季節は日焼け止めの商品

を頻繁に目にしますね。

 

こうやってグラフを見てみると、

夏に紫外線対策を何もしないで過ごす

というのは、ちょっと恐ろしいですね・・・

 

もし夏の季節でも紫外線対策なんか

してこなかったという人は、必ず対策を

するようにして下さい。

 

そうでないとシミシワができる大きな

原因となってしまいます。

 

目も日焼けするそうなので、

サングラスなどを使って目を守ることも

大切です。

 

この夏の紫外線量をわかりやすく

【レベル10】とします。

 

夏の【レベル10】を基準に、

他の季節も見ていきましょう。

 

[3月・4月・5月]春の紫外線量は【レベル8】!

春の季節を見てみると、

意外にもかなりの紫外線

降り注いでいるのがわかります。

 

特に4月に入ってから一気に、

【強い】の部分が増えていますね。

 

ということは、夏の季節に日焼け止めの

CMなどを目にしますが、

春の季節から紫外線対策をして

おかないといけないということが言えます。

 

春の季節はしっかりと紫外線対策を

しましょう。

 

春の紫外線は・・・【レベル8】

 

[9月・10月・11月]秋の紫外線量は【レベル5】

2017年のUVインデックスのグラフを

見てみると、9月はまだ夏と変わらない

ほどに紫外線量が多いことがわかります。

 

10月になるとかなり減ってきており、

11月にかけて【中程度】から【弱い】

レベルまで一気に下がってくるようです。

 

9月・10月は夏の紫外線対策をそのまま

続けていた方がよさそうですね。

 

暑さが和らいでくると

「日焼け止めはもういいかな?」

と、紫外線対策をやめてしまう人も

多いと思いますが、しっかりと紫外線対策

をしていきましょう!

 

秋の紫外線は・・・【レベル5】

 

 

 

[12月・1月・2月]冬の紫外線量は【レベル2】

さすがに冬の時期になると、

グッと紫外線量は減ってきます。

 

どちらかというとこの時期は、

紫外線よりも乾燥対策がメインになる季節

ですね。

 

紫外線対策は必要ないと思いますが、

3月の中旬以降はぼちぼち対策をしていく

ようにするといいですね。

 

紫外線の種類と肌への影響は?

男性の場合、あまり紫外線については

知らない人が多いと思いますが、

肌に影響を与える紫外線は2種類あります。

 

それは

  • UV-A
  • UV-B

です。

 

そしてそれぞれに特徴があり、

肌に及ぼす影響も少し違います。

 

UV-Aはシワや肌弾力の低下に影響?

UV-Aは肌の奥深くまで浸透する

紫外線です。

 

そのため肌の弾力が低下し、

顔のたるみやシワが増えたり

といった影響が出てきます。

 

しかもUV-Aは季節関係なく

1年中降り注いでいるので、

たとえ冬であっても油断はできません。

 

UV-Bはシミ・そばかすや日焼けに影響?

UV-Bは肌表面を攻撃し、

シミ・そばかすができたり

日焼けするのもこのUV-Bの影響です。

 

冬の時期になるとかなり減少してくるので

UV-Aほど心配することはありませんが、

例えば雪で反射したり、仕事柄外でずっと

日の光を浴び続けるといった場合は、

対策をした方がいいでしょう。

 

まとめ

紫外線は1年中降り注いでいて

私たちの肌に影響を与えています。

 

特に夏の時期の紫外線量を何の対策もなく

浴び続けるのは危険です。

 

「顔のたるみやシワが増えてきたなぁ」

と感じる人は、こまめに日焼け止めの

クリームやスプレーで対策をしましょう。

 

ただでさえ30歳も超えてくると

シワや顔のたるみは出てきます。

 

紫外線対策を行って、若々しい顔と

言われるようになりましょうッ!