スポンサーリンク

 

ゴルフを始めてみようと思ったら、コースに出る前にゴルフ練習場で練習してからコースデビューをしようと思うでしょうが、ボールってどうやって借りるんだろう?とか、クラブ持ってないけどレンタルとかあるのかな?とか、金額ってどれくらいかかるんだろう?などとわからないことだらけでしょう。

初めてであれば、要領なども全くわかりませんよね?ゴルフ初心者の人がゴルフの練習場で気を付けるべきことや練習場でのルールやマナーを事前に知っておけばスムーズにゴルフの練習に励めるでしょう。

今回は東京都内のゴルフ練習場について見ていきたいと思います。

 

東京にゴルフ練習場はどれくらいあるの?システムや料金は?

 

打席画像(1)
引用元:www.ojima-golf.jp

 

【東京都のゴルフ練習場一覧GDO】で検索すると調べられるようですね。そこで東京都内で検索すると、なんと153件ものゴルフ練習場が該当しました。

もの凄い数ですね!

このサイトでは、市区郡や営業曜日、練習場の距離や打席数、ボールの単価や駅から近い場所などを選択して探すことが出来るようですので、ご自分の住んでいる近くや、アクセスが便利な場所など条件で絞って探すと効率的に探せそうですね!

 

東京に多いゴルフ練習場のシステムは?

 

地域やお店によって様々なシステムがありますが、大まかには次のような感じです。

ボール代と入場料(打席代)、クラブをレンタルする場合はクラブレンタル料、ゴルフシューズをレンタルする場合はゴルフシューズレンタル料が必要となります。

ボールの単価は打席の階数によって異なり、1階が一番高く2階・3階打席の方が安くなっています。

またボール代は基本的には1球単位でカウントされ前払い制となるところが多いようですね。

カードにお金をチャージして、自動でティーアップされたボールを打った分だけカードからその料金が引かれるようになっているようです。当然、上限はカードにチャージした金額分までですが、残っていれば次回使用することもできます。

 

クラブはやっぱり必要?

「ゴルフ練習場 画像 東京」の画像検索結果
引用元:www.shinbashigolfacademy.com

ゴルフをすでに始めている初心者の人であれば、クラブを持っている人も多いと思います。その場合は自分をクラブを持っていくことになるのですが、まだゴルフを始めようか迷っている人だとクラブを購入していない人もいるでしょう

そんな人はゴルフの練習場に行っても練習できないのか?というとそういうわけでもありません。

ゴルフ練習場では、大体クラブを貸し出してくれています。

場所にもよりますが、1本200~300円程度です。また、手袋やゴルフシューズなども貸し出ししているところもありますので、事前に調べて行けば何も持っていなくても練習をすることは出来ますね。

 

ボールはどうやって借りればいい?

プリペイドカードにお金をチャージするタイプであれば、カウンターでチャージを行い打席にある機会にカードを入れれば、自動でボールがティーアップされます。

もしくは、ボール貸出機に直接お金やプリペイドカードを入れ籠にボールを入れるところもあります。

ボールの値段ですが、場所や打席の階数、平日か土日祝日などによって違いはありますが、概ね1球8円~16円などが相場のようですね。

また、打ち放題などのプランやシニア・女性限定割引DAYなどのイベントもあるようです。打ち放題は大体2時間打ち放題とかが多いようです。短い距離(アプローチ)の練習などはこの打ち放題プランがいいかもしれませんね。

プランやイベントなども練習場所によって様々ですので、お店の人に聞いたり、ネットで調べてみて気に入った練習場がればそこに行くようにするといいかもしれませんね。

 

初心者でも気軽に行けるの?

 

なかなか初心者の人が一人で行くとなると、気後れして行きにくいと思います。最初は経験者の人や、初心者仲間と一緒に行くほうが、気軽に行けるでしょう。

私も初めは会社の先輩に連れて行ってもらい、色々教えてもらいながら練習場に行きましたからね。一度経験すれば、練習場での要領もわかりますので二回目からは一人でも大丈夫だと思います。

可能であれば、経験者の人と行くことをおすすめします。

 

ゴルフ練習場で実際に練習するときに気を付けること【ルールやマナー】

 

スポンサーリンク

 

練習場が見つかったところで、早速練習に行こう!となった際に、気を付けるべきことはあるのでしょうか?

ルールやマナーに厳しいゴルフですが、練習場でもそれはあるのでしょうか?

ここからは、練習場でゴルフ初心者が気を付けるべきポイントについて見ていきましょう。

 

ゴルフ練習場でのルールやマナーってあるの?

 

ゴルフ場によっては、たばこを打席で吸えないとこも多くあります。たばこを吸う人は必ず喫煙所で吸うようにしましょう。

また、一階席で練習する場合にボールをチョロしてすぐそこに落ちたとしても、打席から出て取りに行かないようにしましょう。人が打ったボールが当たるかもしれませんし非常に危険な行為です。

練習場にも注意事項などで張り紙がしてあったりしますので、絶対にそのような行為はしないでください。本当に危ないので。

練習を楽しく行うのはいいのですが、ふざけてボールを打つことはやめましょう。特に初心者の場合、ボールがどこに飛んでいくかわかりません。力任せにふざけて打つと真横に飛んで、他のお客さんに当たったりすることもあります。実際に私は目撃したことがありますが、大モメしていましたからね・・・。幸いにも大事に至りませんでしたが、一歩間違えれば病院送りですので、これも絶対にしないように!本当に危険ですから・・・。

場所によっては、ティーアップして打つ場合にアイアンの使用を禁止しているところもあるようです。そのような注意事項は張り紙がして会ったり、事前に説明や案内などがあると思いますので、必ず守るようにして下さい。

お店の設備を破損させた場合など、修理代などを請求される場合もありますので、しっかりと禁止事項やルールに目を通してから練習するようにしましょう。

 

ゴルフ初心者が気を付けるべきポイントは?

「ゴルフ練習場 画像 東京」の画像検索結果
引用元:www.star-golfclub.com

先ほども言いましたが、ゴルフ初心者の人はボールがどこに飛んでいくかわかりません。いきなりドライバーは振らないほうがいいでしょう。

実際始めて見るとわかりますが、短いクラブほど扱いやすいので初めは短いアイアンで練習した方がいいと思います。

また、クラブがすっぽ抜けてボールと一緒に飛んで行ったということも実際にあります。(実はコレってよくあることなんですが)

そんな場合は自分で取りにいかずお店の人に伝えて取りに行ってもらいましょう。でないと、人が打ったボールが頭や顔に直撃するかもしれません。非常に危険ですので、くれぐれも自分で取りにいかないようにしてください。

 

練習場にはどんな格好で行けばいいの?

 

基本的には動きやすい恰好であれば問題ありません。ただし、靴は革靴じゃない方がいいでしょう。私は練習の時もゴルフシューズを持っていきます。

ゴルフシューズである必要はないのですが、特に革靴だと足元が滑って打ち難いのでゴルフシューズを履いて練習しています。

ゴルフは上半身が大きく動いているのでわかり辛いかもしれませんが、大きく動く上半身を支えているのは下半身です。

下半身がブレると上半身はしっかりと動かせませんので、下半身は非常に重要になります。

ゴルフシューズである必要はありませんが、しっかりと踏ん張れるものを履いて練習に行きましょう。

あとはグローブです。右利きの人であれば左手にグローブをはめます。グローブは手を守ってくれます。

最初のころは手に余計な力が入るでしょう。そうするとグリップと手、または手と手が擦れて皮がむけたりしますので、グローブをはめて練習することをおすすめします。

手が痛くなると練習もできませんからね。

 

まとめ

「ゴルフ練習場 画像 東京」の画像検索結果
引用元:golf-gakko.com

【東京都のゴルフ練習場一覧GDO】で検索をしてみると実に153件ものゴルフ練習場がヒットします。その中から、アクセスの便利性や設備の充実さ、値段の違いなどを比べながら検索してみましょう。

金額に関しては、そこそこで多少の違いはありますが、一般的に1階席よりも2・3階席の方がボールの単価は安くなっています。

そしてボールを借りる方法もプリペイドカードにお金をチャージする場合と、1カゴ単位でボールを借りる場合とあります。

初めのうちは要領もわかないでしょうから、可能であれば経験者の人と一緒に行くのが無難でしょう。慣れてきたら一人で行くようにすればスムーズにゴルフの練習に行けるようになると思います。

とはいっても、一度経験してみればだいたいわかってくるので二回目からは一人で練習に行けるようになるはずです。

また、ゴルフ練習場にもルールとマナーがあります。練習場に注意事項などが書かれていますので、まずはそういった注意事項などをよく読んで練習するようにしましょう。

くれぐれも打席から先に降りてボールを拾いに行ったり、クラブがすっぽ抜けたからといって自分で取りにいかないように注意してください。

非常に危険な行為ですので!

楽しく、真剣に練習に取り組んでレベルアップを目指しましょう!

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきましてありがとうございました。