スポンサーリンク

 

ゴルフを始めて間もない初心者の人は、ゴルフの練習場などで実際にボールを打つと右方向にギュイーンと曲がってしまう人が多いと思います。(右利きの人の場合)

これをスライスと言いますが、聞いたことはあるかと思います。

逆に左方向にギュイーンと曲がってしまうことをフックといいます。(右利きの人の場合)

今回は、ゴルフ初心者の人のほとんどがやってしまうスライスのスイングについて、原因を解決方法を見ていきたいと思います。

付き合いやゴルフコンペなどでスライスが出てなかなか先に進まなくなって同伴者のお客さんや職場の上司・先輩に迷惑を掛けないようにするためにも、原因と解決方法をしっかり学んで練習しておきましょう。

 

ゴルフ初心者のスイングがスライスになる原因とは?

「ゴルフ スライス 画像」の画像検索結果
引用元:golf-jalan.net

まずは、ゴルフ初心者がやってしまいがちなスライスになってしまうスイングの原因についてみていきたいと思います。

スライスになってしまう原因はいくつかありますが、代表的な原因を3つ挙げてみました。これは私自身がスライスになってしまう原因でもありましたので、心当たりのある人には共感してもらえると思います。

「あっ!自分もだっ!」と思った人は、後で解説する解決方法も参考にしてみてください。

 

原因その① 腕でクラブを振っている

 

多くのゴルフ初心者が必ずと言っていいほど指摘される言葉だと思います。

「腕でクラブを振るんじゃなくて、体ごと振るんだよ!」

「自分では、腕で振っているつもりは全くない!」と、反論したくなりますよね?

これは、体でクラブを振るという感覚をまだ知らない故に起こることだと思うんですね。一度、「体でクラブを振るっていうのはこういう感覚なんだよ」というのがわかれば、腕でクラブを振り回しているのか、体でクラブを振っているのかの違いがわかるようになると思います。

腕でクラブを振ってしまう原因は、体でクラブを振る感覚をまだ知らないからなんですね。

 

原因その② 顔が上がっている(ヘッドアップが早い)

 

これも、ゴルフ初心者の人はよく指摘されることだと思います。

真っすぐ飛ばないからこそ、打ったボールの行方が気になり、目で打球を追ってしまい結果的に顔(頭)が早く上がりすぎて、スライスになったりボールの頭を叩いてトップになったりチョロしたりと、ちゃんとボールに当たらなくなります。

ボールの行方が気になるでしょうが、打ったボールは目で追わない方が結果的には真っすぐ飛んでいくことが多いのです。

 

原因その③ 左ひじが曲がっている

 

これはインパクトの瞬間に、左ひじが曲がっていることが原因でスライスになってしまうというものです。

体のバランスが崩れたり、体の回転が横に流れたり、原因①のように腕でクラブを振ったりすると、ダフらないようにとっさに左腕の肘を曲げてボールとの距離を保とうとするわけです。

人間は目で見た情報に一番影響を受けます。構えていた時は自分とボールの距離はあっていたはずなのに、バランスを崩したりバックスイングの中でボールとの距離が変わってしまったときに、その距離を無意識に合わせようとして、肘を曲げたりして距離を調整してしまうのです。

結果、左ひじを曲げてインパクトに入るとクラブのフェースが開いて、スライスになってしまうということですね。

 

ゴルフのスイングでスライスにならないための解決方法を動画で学ぶ

 

スポンサーリンク

 

それでは、それぞれの原因に対する解決策を、動画を見ながら考えていきましょう。実際に動画で見ることでイメージがしやすいと思いますので、何度も何度も動画を見てイメージを作ってから練習場で試してみましょう。

 

解決方法その① 体でクラブを振る感覚を身に着ける

 

 

この動画はすごく参考になります。

脇を締めることによって、クラブヘッドに体の回転力(捻転)が伝わるようになります。

というよりも、脇を締めていると体を回さなければクラブが振れません。

初めは小さい振り幅でいいので、脇を締めたままクラブを振ってみましょう。体の回転でクラブを振っている感覚がわかると思います。

この時に注意してほしいのが、動画のようにドライバーを振る場合、ボールに対する立ち位置で真っすぐ飛ぶか右方向に飛んでスライスするか、違いが出てくると思います。

基本的には左足の親指の前あたりにボールを置くといいかと思いますが、腕の長さや体格の違いなども影響すると思いますので、立ち位置を変えてみながらまっすぐ飛んでいく立ち位置を見つけてみてください。

それから、手首や左腕の肘を最初の構えた状態から変えないようにするのもコツです。ここが動いてしまうと、せっかく体から伝わってきた力がクラブヘッドに伝わらなくなりますので、併せて注意してください。

解決方法その② ボールを打った後も顔を上げないようにする

 

ヘッドアップを防止するための練習方法として、自分の視点から解説してあるのが非常にわかりやすかったですね。

ボールを打った後に自分の右足がカエるまで見えたら、打球を見るように意識するというものでした。これでしっかりと顔は残ったままになるのでヘッドアップ防止になりますね。

ここでも一つ注意事項としては、体の回転は止めないようにすることです。

顔は残したままであっても、体の回転は止めずにしっかりと胸を真正面に向けるまで回転させフォロースルーをしっかりとりましょう。

 

解決方法その③ 左ひじが曲がらない方法

 

この動画は私も非常に参考になったもので、これでスライスの改善だけではなく、飛距離も格段に伸びました。

ポイントは左肩と左グリップの距離を保つということです。つまり、左肩の回転を意識するということですね。

これって、腕を振り回してスイングするのではなく、体を回転させてスイングすることにも繋がってくるので、非常に参考になりました。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

「女子プロゴルファー 画像」の画像検索結果
引用元:rr.img.naver.jp

 

如何でしたでしょうか?

ゴルフ初心者であれば、必ずと言っていいほど通る道であるスライス。その原因と解決方法を見ていきましたが、参考になるものはありましたでしょうか?

レッスンを受けている人であれば正しいスイングや気を付けるべきポイントなどもアドバイスを受けられるのですが、そうでない場合はなかかな自己流では解決できなかったり、どんな練習をすればいいのかわかりませんね。

今はYouTubeなどでもこのような動画がたくさんあるので、悩んでいることがあれば見てみるのもいいかもしれません。

やみくもに練習するだけではなく、どんなことを意識すればいいのか?どこがポイントになるのか?そんなことを考えながら練習していけば、上達するスピードも速くなりますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。