仕事をしていると、大なり小なり皆さんストレスを抱えていると思います。

当然私もそんな一人なのですが、

この仕事のストレスが原因で仕事を辞めようかと考える人も少なくないでしょう。

 

私はこれまでに2回転職しているのですが、正直なところ転職する時の心境としては、

あまり悩まずに転職しています。

 

年齢が若かったというのも当然ありますが、

特に2回目の転職の時はほとんど悩んでいないのです。

 

それには、ある考え方が影響していたのですが、

今回は仕事のストレスで悩みすぎている人たちに、

転職に対する私の考えについて書いてみます。

 

転職をするにしろしないにしろ、少しでも気持ちが楽になり、

前向きな気持ちになっていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

仕事のストレスで辞めたくなる時

仕事でのストレスが長い期間溜まりすぎると、

「もう辞めたい・・・」と考えてしまうと思います。

 

それには人によって様々なパターンがあると思いますが、

私の実体験をもとに、どんな時に仕事のストレスが溜まるのか?

について見てみましょう。

 

人間関係がうまくいかない

ほとんどの人が悩むことだと思いますが、職場内での人間関係で頭を悩ませる人は

かなり多いと思います。

 

毎日のように顔を合わせなくてはいけませんし、仕事の内容や職種によっては、

一緒に仕事をしていかなければならない時もあるでしょう。

 

私は先輩や同僚には恵まれてきた方だと思います。

お互いに愚痴を言い合ったり、飲みに行ったりとずいぶん助けられてきました。

 

しかし逆に喧嘩をするくらい合わない人がいると、ほんとに辛いですよね。

最悪なケースだと、いじめや嫌がらせを受ける場合もあります。

 

私の母は、このパターンでストレスにより難病を患ってしまいました。

ここまでくると、もはや仕事を辞めるか転職をするかを考えないといけません。

母は年齢も年齢だったので、仕事を辞めるという選択をしましたが、

まだ働き盛りの年齢の場合は、転職をお勧めします。

 

正直、体に何らかの症状が出てきてからでは遅いと思うのですが、

頑張りすぎてしまう人ほど、限界まで耐えた結果、体に支障が出てしまう人が

多いように感じています。

 

上司とどうしても合わない

私の転職理由は、2回とも上司とどうしても会わないというものです。

そうはいっても、1回目の退職の時は私も若かったので、

ある意味いい勉強をさせてもらったと思っています。

 

2回目の退職の時は、本当に上司が人間として嫌いで、

最後に放った言葉が

「お前の下に付くぐらいなら辞めた方がマシだっ!」

でした 笑

 

生意気すぎますかね・・・笑

 

もう上司と合わないのレベルではなく、人間として受け入れられなかったのです。

というのもこの上司、まぁ悪いことをしていたんですね。

周りの従業員もみんなこの事実は知っていて、当時知らなかったのは社長だけ。

もともとこの上司の部下ではなかったので、それまではなんてこともなかったのですが、

ある日人事異動があり、この上司の下に付くことになったわけです。

 

その時に放った言葉がこれで、そのまま退職の手続きに入ったわけですね。

勢いで言ってしまったなぁ・・・という感情ではなく、

ガツンと言ってやった!という感じでしたねw

 

この後私は仕事を辞めるわけですが、その1か月後にこの上司もクビになったそうです。

社長から探偵を雇われて色々と調べ上げられたようで。

まぁ仕方ないでしょうね。

 

合わない上司がいると、仕事って本当にやりにくいですよね。

指示は上からくるわけですから、やらないわけにもいきませんし。

 

仕事自体が楽しくない

仕事自体が楽しくないという人も多いでしょう。

人によっては、仕事は楽しくなくても構わないという人もいます。

どちらも正解だと思うのですが、仕事に対してどのような価値を持っているかだと

思うんですね。

  1. 生活できるだけの給料をもらえるんだから、仕事が楽しくなくても一生懸命やる。
  2. 仕事は一生関わっていくものだから、楽しく努めたい。

あなたはどちらの考えでしょうか?

2の考えの場合は、転職を考える人が多いでしょう。

私も2の価値観を持つ人間です。

 

どちらが良いということもありませんが、自分が仕事というものに対して

どういった価値観を持つ人間なのか?というのは知っておいた方がいいでしょう。

 

ストレスが原因で体を壊す

先ほど少し触れましたが、私の母は職場での人間関係がストレスになり

病気を患いました。

そして、今一緒に仕事をしている兄も仕事のストレスや激務が原因で

母と同じ病気を患ってしまいました。

 

幸いなことに、私はストレスの解消の仕方が二人より上手なので、

今のところ体に影響は出てきていません。

 

ただ今までも、仕事のストレスが原因で体調を崩したり、うつ病になったり、

そんな人たちを何人か見てきましたし、ひょっとすると皆さんの周りにも、

そのような人がいるかもしれませんね。

 

それほどまでに、仕事とストレスというのは、私たちの生活に大きな影響を与える

ものと言えるのではないでしょうか?

 

転職はサラリーマンの「特権」である

これまで、仕事のストレスで辞めたくなることや、ストレスなどが原因で体を壊す

ということを見てきましたが、それらを解決する一つの手段が『転職』ですね。

 

私自身が、2度の転職を経験してきたというのもあるのですが、

周囲の人たちから、仕事のストレスや人間関係についての悩みの相談を受けるとき、

必ず伝えることがあります。

それは

転職はサラリーマンの特権

という言葉です。

 

社長だと転職できない

考えてもみてください。

もしあなたが社長であれば、転職するなんて選択肢にも入れられませんよね?

でもサラリーマンであるのならば、いつだって「転職」することができるのです。

 

こういう風に考えると、気持ちが少し楽になりませんか?

私は2回目の転職の時は、このような考えを持っていたため、

転職に対する不安や迷いというのは、そんなにありませんでした。

 

サラリーマンだから、給料も社長に比べるとすごく安い。

でもサラリーマンだから、いざとなったら転職という選択肢がある。

そのように考えておけば、もう少し気持ちが楽になると思いますよ。

 

仕事は選ぶべき

これは仕事というよりは、職場といった方が適切かもしれません。

よっぽどではない限り、職種が合わないということもないでしょうし、

逆に、この仕事がしたいと思っていてもその職場が自分に合わなければ

仕事をしていても辛いことが多いかもしれません。

 

個人的な考えになってしまいますが、これからは仕事(職場)を選んでいかなければ、

いつまでも過度なストレスを抱えてばかりで、自分の時間も持てないほど

仕事に拘束され続けてしまうかもしれません。

 

家族のため、生活のためと気持ちを押し殺して仕事をするよりも、

評価され、期待され、求めらるような職場であれば、

厳しくも充実した日々が送れるのは誰もが理解できることでしょう。

 

サラリーマンだからこそ、選べる立場にあるわけですから

仕事(職場)は選ぶべきだと考えます。

 

仕事を辞めることは悪ではない

一般的に、仕事を辞める・転職するということに対して前向きではない印象を

持っている人は多いでしょう。

確かにすぐに仕事を辞めるのは、忍耐がなかったり甘えであったりする部分が

強いと、それはただの逃げでしかありません。

 

実際に何をやっても長続きしないという人もいますし、再就職をする際の面接などでも

「なぜ前職を辞めたのか?」という理由は、面接側としては非常に重要視します。

 

しかし、パワハラやいじめなどが原因で精神的苦痛を受け体を壊す人も実際には

たくさんいます。

 

それでも仕事を辞めたりすることは悪なのか?

 

違いますよね?

仕事を辞めるにしても、続けるにしても、大切なのは「理由」だと思うんです。

 

なぜその仕事を続けるのか?

なぜその仕事を辞めるのか?

 

ここを自分自身が理解しているかしていないかが最も重要だと思うんです。

もし今の仕事で悩んでいる人がいるのであれば、一度考えてみてほしいと思います。

仕事は生活をしていく上で必要ですが、それ以上にあなた自身の人生が最も大切です。

どう生きていくのか?どんな人生を送るのか?

ぜひ一度考えてみてください。

 

自分の人生の選択は自分にしかできない

 

スポンサーリンク

 

当たり前のことですが、意外と忘れがちなことが

自分の人生の選択は自分にしかできない

ということです。

 

人は周りの人の意見に流されやすいものです。

 

自分とって大切なこととは何か?を考える

人の意見に流されやすい人というのは、自分にとって何が大切なのか?ということを

理解できていない人に多いように感じます。

 

自分が無いから他人の影響を受け過ぎてしまうわけです。

仕事にしても、その仕事でなければいけないのか?

もしくは、

今はストレスで仕事が嫌だけど、ここを我慢すれば活路が見いだせるから、今頑張る!

 

どちらも、仕事の先にある自分なりに大切なものが見えてきませんか?

 

大切なのは、最終的に自分の目標や夢は何なのか?

そのために今どう行動すべきなのか?

 

これが見えていないと、人は周りの人に影響を受けやすくなり、

自分というものが無くなってしまうと思うんです。

 

仕事も生活をしていくために必要だからしているのか?

今の職場で出世して目標を達成したいから続けるのか?

給料が安くてもやりがいがあり一生の仕事としてやっていきたいのか?

生活できるなら別に今の仕事ではなくてもいいのか?

仕事漬けの生活ではなく、自分の人生を自分らしく生きる事が重要なのか?

 

あなたにとって一番大切なことは何ですか?

この機会に一度考えてみて下さい。

 

今は転職するにも便利なサイトがある

今は情報化社会で、スマホの普及率もかなり高くなってきましたね。

スマホに限らずタブレットを持っている人も多いでしょう。

つまり、誰でも簡単に必要な情報を手軽に入手することが出来るわけです。

 

そして、転職を考えている、もしくはゆくゆくは仕事を変えたい、

または仕事を探している、そんな人はぜひ転職サイトに登録すべきでしょう。

 

情報は多いに越したことはありません。

出会わなければわからなかった世界もあるでしょうし、

知ったからこそ興味を持った職業もあるかもしれません。

自分の可能性を自分で閉ざしてしまうよりも、可能性の入り口は大きく

開けておくべきです。

 

以下に、いくつかの転職サイトをご紹介しますので、興味のある人は登録することを

おすすめします。







登録をするだけして、気になる情報だけを見るようにすれば、

効率よく情報収集できると思います。

得られる情報は積極的に入手するようにしておきましょう。

人生を楽しむという意識を持つことが大切

仕事は生活をしていく上で必要となりますし、人によっては生き甲斐になる人も

いるでしょう。

仕事を通じて人として成長することもできますし、多くの出会いもあります。

 

しかし、どんな仕事をするにしても、一番大切なことは自分の人生を楽しんで生きる

ということではないかと私は考えています。

 

夢中になれる仕事も素敵ですし、仕事ではなく趣味に没頭することで人生を

満喫することも素敵な生き方です。

 

どんな形であれ、人生を楽しむことを忘れないで欲しいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仕事を辞めたり転職することは、人生の中にいて非常に重要な選択です。

出来ることなら今の職場で満足いく生活を送りたいと思うのは誰しもが同じでしょう。

しかし、そこにこだわり続けて人生を楽しめない生き方は勿体ないと思います。

今は情報を簡単に手に入れることが出来る時代ですから、情報は常に入手できるように

しておきましょう。

 

サラリーマンだからこそ転職という選択肢がありそれは特権なのです。

そして仕事を辞めることは悪ではないのです。

 

自分の人生をいかに楽しんで生きるか。

それは仕事でもいいですし、趣味でもいいです。

自分が生きたい人生を自分が選択して生きているのか?

大切なのはそこだと思います。

 

もし今の生活に悩んでいるのであれば、少し考えてみて下さい。

お金を稼ぐという視点ではなく、どうしたら人生を楽しめるのか?

なかなか難しいことかもしれませんが、人生の選択はいつでも自分で決められるのです。

ストレスで体を壊す前に、素敵な人生を歩めるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。