「もう~いーくつ寝ーるーと~おー正ー月~」

そろそろ小学生の子達がそんな歌を歌い始める季節が近づいてきましたね。2016年も残すところあと2ヶ月ちょっとです。

お正月の準備は進めてますか?お歳暮におせちにお年玉。その前にクリスマス、忘年会。年末年始は何かと出費がかさみますね。

スポンサーリンク

 

 

今回は、小学生に渡すお年玉について調べてみました。小学生と一言で言っても、1年生から6年生の子までいるわけで、学年別にお年玉の金額を分けているのか?どのようにわけているのか?お年玉の相場はどれくらいなのか?考えだせばきりがありません。いろいろと調べてみましたので参考にして頂ければと思います。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

アンケート結果からみる小学生に渡すお年玉の相場は?

 

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s

 

2015年に小学生の高学年に渡すお年玉のアンケート調査が行われていましたので、それをもとに見ていきましょう。

 

グラフ

引用元:chosa.nifty.com

 

  • 1位は3,000円で33%
  • 2位は5,000円で23%
  • 3位は1,000円で17%
  • 4位は2,000円で13%

 

という結果でした。
ビックリしたのが2位の5,000円という結果です。3,000円は予想していた通りだったのですが、お年玉で5,000円もらっている小学生が結構いるんですね!?
私は3,000円だったような…
こちらのアンケート結果は小学生の高学年を対象に行われているようです。4年生から6年生までですね。
低学年の1年生から3年生までのアンケート結果は以下の通り。

 

グラフ

引用元:chosa.nifty.com

 

  • 1位は1,000円で41%
  • 2位は3,000円で19%
  • 3位は2,000円で12%

 

という結果でした。

高学年の子供と比べると、少し金額が下がっているようですね。

※高学年は自分の子供・孫以外に渡すとして、低学年は自分の子供でないとしてのアンケート結果になります。

 

学年別で金額はわけるのか?

 

スポンサーリンク

 

上記のアンケート結果でもわかるように、大半は学年別でお年玉の金額はわける方が多いようですね。
中学生や高校生と違い、小学生は6年間ありますので一律◯◯円ではなく、低学年では◯◯円 高学年では◯◯円といったわけ方をしているようです。

上記のアンケート結果から、学年別にお年玉の金額をわけるとするとこんな感じでしょうか?

小学校低学年(1・2年生)
1,000円~2,000円

小学校中学年(3・4年生)
2,000円~3,000円

小学校高学年(5・6年生)
3,000円~5,000円

 

まとめ

 

44ef925eeffe52bd04ea4a125856dd20_m

 

如何でしたでしょうか?

小学生に渡すお年玉の金額の一般的な相場は、学年別に金額をわけて1,000円~5,000円を目安にしておけば良さそうですね。
ただ、家系でのお年玉の金額にルールを設けるなど、相談して決めておく方が無難です。
甥っ子や姪っ子にあげたお年玉の金額が自分の子供がもらったお年玉の金額より高かったりすると、非常に気まずいですからね。
事前に金額を設定しておいてお年玉でいくら渡すのかを決めておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。