子供達にとっては年に一度のビッグイベント、お正月。もとい、お年玉!
大人にとっては新年最初のビッグな痛手、お年玉・・・

スポンサーリンク

 

今回は中学生に渡すお年玉について見ていきたいと思いますが、みなさんは中学生の時どれくらいの金額のお年玉をもらってましたか?私は確か5,000円くらいだったと記憶しています。甥っ子や姪っ子が4人いればそれだけで20,000円…

まさにビッグな痛手と成り得るお年玉ですが、一般的な相場はどれくらいなのでしょうか?

 

アンケート結果からみる、中学生がもらうお年玉の相場は?

 

pp_gekoucyuunojc_tp_v

 

中学生に渡すお年玉の相場金額のアンケートが行われていましたので、そちらを参考に見ていきたいと思います。

次の円グラフは、2013年に行われた【中学生にあげるお年玉の金額は?】に対するアンケート結果です。

nifty%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%90%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%80%80%e3%81%8a%e5%b9%b4%e7%8e%89%e3%80%91

引用元:chosa.nifty.com

 

1位が3,000円で38%、2位が5,000円で32%という結果でした。中学生にあげるお年玉は3,000円以上が約70%を占めています。次いで2,000円が10%、1,000円が8%。こうやって見ると私がもらっていた額は一番高いんですね!?親と親戚に感謝です!

一般的には中学生にあげるお年玉の相場は3,000円から5,000円というふうに考えるとよさそうですね。

しかしご家庭やその親戚の方々と取り決めをされていたりするケースもあると思いますので、ご身内の方に一度相談せれてみてから決めていただくのが一番無難かもしれませんね。

 

学年ごとに渡すお年玉は金額を変えるのか?

スポンサーリンク

中学生に渡すお年玉の相場はわかりましたが、同じ中学生でも1年生・2年生・3年生と学年があるわけで、学年ごとにお年玉の金額をわけているのか?と思う人もいるでしょう。

学年が上がるごとにお年玉の金額も上げていくのであれば、1年生から5,000円のお年玉をあげていると、2年生の時にいくらにするのか?3年生ならもっと上げないといけない?となりますね。

ということで、こちらも調べてみたところ、どちらかというと3年間同じ金額というのが多い意見のようですね。中学1年生から中学3年生まで一律3,000円といった感じですね。

先ほど同じになりますが、やはりこれも親戚の方と話をしてみて決めておいた方が無難でしょう。親戚の子にあげたお年玉より親戚からもらったお年玉の方が多かった!?なんてことになると気まずいですからね。同じ年代の子供にお年玉をあげるなら、同じ金額になるように事前に話し合あておきましょう。

まとめ

87e720a9bcb9a544f634c1fd66ac91ec_s

 如何でしたでしょうか?

中学生にあげるお年玉についてみてきましたが、お年玉の相場としては3,000円から5,000円で、中学3年間は一律というのが一般的のようです。

しかし、一番無難なのは親戚の方々と事前に取り決めをしてルールを作っておいたほうが、どちらかの方が少なかったとか、多かったとか、そのようなトラブルを回避できると思います。

もうすぐ2016年も終わり新しい年が始まります。早めに相談して決めておくように準備しておきましょう。

スポンサーリンク

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。