夏の時期が近づいてくるとお中元という言葉を至る所で目にします。

社会人ともなるとお中元を贈る機会も増えてきますし、

贈る相手も増えてくるかもしれません。

 

しかしお中元は地域によって時期が異なっていたりしますし、

仕事関係では誰に贈ればいいのか非常に悩みますよね?

 

今回は、お中元の時期や仕事関係などでは誰に贈るべきなのか?

注意点などはないのか?について詳しく見ていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

お中元の時期とはいつ?

 

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_s

 

まずはお中元の時期について見てみましょう。

贈る相手がわかっても、贈る時期が遅かったら元も子もありませんからね。

地域によっても違いがあるようなので、早めに確認しておきましょう。

 

地域によって時期が異なる?

お中元は地域によって時期が異なります。

あなたの住む地域は一体いつお中元を贈ればいいのか?

地域別にお中元を贈る時期を確認してみましょう。

 

北海道

北海道では7月15日から8月15日までと、1ヶ月ほど期間があります。

期間に余裕がりますが、他の地域から贈られてくるお中元が7月初旬に贈られてくる

こともあるため、最近では時期が早くなっている傾向もあるようです。

 

北海道の方にお中元を贈る際は、遅くても8月15日までには贈るようにし、

余裕をもって8月初旬には贈るようにした方が無難かもしれ合せんね。

 

東北・関東・北陸

東北・関東は7月初旬から7月15日までとなり、北海道に比べて期間が短いです。

また、北陸は地区によって7月初旬から7月15日までと、

北海道と同じく8月15日までに贈る地区がありますので特に注意が必要です。

 

都市部の広範囲において東北・関東と同じく7月15日までの地区が多いようです。

贈る地域をよく確認して贈るようにしましょう。

 

東海・関西・中国・四国

北海道と同じく、7月初旬から8月15日までが一般的です。

しかし、こちらも関東の影響を受けて年々時期が早くなっている傾向があります。

 

8月16日から9月初旬に贈る場合は残暑お見舞いという形で贈ることになりますが、

9月初旬だと時期が遅いと思われる場合もあるため、

残暑お見舞いでも8月20~25日までには届くように注意しましょう。

 

九州

九州の場合は8月初旬から8月15日までがお中元の時期となります。

東北・関東と比べると、1ヶ月も時期が違いますね。

九州の人にお中元を贈る際は8月15日までとなり、

残暑お見舞いは8月16日から9月初旬となります。

 

しかし、九州地区でも年々時期が早くなってきている傾向がありますので、

残暑お見舞いも8月20~25日までには届くようにした方が無難です。

 

沖縄

沖縄のお中元の時期は他の地域と異なり、旧暦の7月15日までとなります。

ですので、その年の旧暦7月15日までに贈ることになるので毎年時期が変わります。

【旧暦カレンダー】などで検索すると、調べることができますので、

沖縄の方にお中元を贈る際は、毎年調べてお中元を贈るようにしましょう。

 

ちなみに、2017年は9月5日が旧暦7月15日にあたるようです。
(念のためご自分で調べられてから贈るようにしてくださいね!)

 

そもそもお中元の意味とは?

ところで、お中元のそもそもの意味って一体何なのでしょうか?

なんとなくはわかっても、詳しくはしらないという人が多いかもしれませんね。

実は私もです 笑

ちょっと調べてみましたので、興味のある人は読んでみて下さい。

 

お中元の意味と由来とは?

お中元について調べてみると、そもそもは中国の【三元】といわれるものの一つ

のようです。

三元とは、【上元・中元・下元】のことで、

それぞれ旧暦の【1月15日・7月15日・10月15日】に

いろいろな祭りや行事が行われていたようですね。

沖縄地方の旧暦7月15日までにお中元を贈る風習はここからきているのでしょう。

 

地域によってお中元の時期が違うのも、ひょっとしたら旧暦と新暦が

関係あるのかもしれませんね。

 

「新暦なら7月15日だけど、旧暦なら9月?いや今年は8月下旬か?」

みたいな感じでバラつきが出てきたのかもしれませんね 笑(憶測です)

 

お中元を目上の人に贈るという風習も、

昔の「生盆(いきぼん)」や「生身魂(いきみたま)」といわれるお盆行事の名残と

言われているようです。

「生盆(いきぼん)」や「生身魂(いきみたま)」とは、生きている祖先、つまり親に

対して「今生きていることを喜ぶ」「お互いの無事を祝う」というお盆行事で、

そこに道教の教えである「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言われる、祖先の霊を供養する

習わしも合わさり、お中元には目上の人やお世話になった人に感謝の気持ちを伝える

行事として定着していったようですね。

 

なんか歴史を感じます。

このようなお中元の由来を知ると、お中元を贈る時にも気持ちがこもりますし、

大切にしていかないといけないという気持ちになりますね。

日本人っぽいというか、日本の国民性のルーツというか、そんな感じがします。

 

仕事関係は誰に贈ればいいのか?

 

スポンサーリンク

 

ではでは、お中元の由来を知ったところで、ビジネスシーンにおいては誰にお中元を

贈ればいいのでしょうか?

 

お中元ってなんとなく知っているけどよくわからないという状態から、

由来を知ったことでお中元を贈るべき相手も具体的に見えてきますね!

 

会社の上司や先輩

普段の仕事の中で大変お世話になっている、会社の上司や先輩にお中元を贈りましょう。

目上の人にお中元を贈ると言っても、どこかで線引きをしないとキリがありませんので、

直の上司や先輩までと決めて贈るといいと思います。

 

この機会に、いつもお世話になっている感謝の気持ちも一緒に伝えるのも

いいかもしれませんね!

 

取引先のお客様

仕事で取引のあるお客様に対してもお中元を贈ることがあると思います。

日頃の感謝との気持ちと共に、これからのお付き合いもよろしくお願いしますという

気持ちも込めて、贈られている会社もあるでしょう。

 

特に個人事業主の方などは会社として取引のあるお客様に贈られているでしょうね。

私の勤める会社にも、お中元やお歳暮の時期には贈答品を頂いておりますが、

そのほとんどは、個人事業主の方です。

 

仕事柄、一緒に工事現場で働いておりますが、お世話になっているのはこちらの方で、

恐縮する次第なのですが・・・。

 

今後も末永くお付き合いさせていただければと思います。

 

贈答禁止の会社もある!?

大企業ともなると、お中元やお歳暮などの贈答を禁止している企業も多いようです。

また、贈る相手が国家公務員や地方公務員の方の場合も禁止・廃止している場合も

よくあるようです。

 

職場でも、取引先のお客様でもそうですが、会社の規定などもよく確認しておく必要が

あるようですので、仕事関係でお中元を贈られることを検討している場合は

充分に確認してから贈るようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお中元についていろいろと見てみましたが、お中元の時期は地域によって

違いがあります。

近年はだんだんと時期が早くってきており、ゆくゆくはある程度時期が統一される

かもしれませんね。

 

しかし、現状ではまだまだその地域によって贈る時期をわけてお中元を贈るというのが

マナーとして残っているようですので、その地域に合わせて贈る方がいいのでは

ないかと思います。

 

お中元を会社関係で贈る際も、相手の職業や会社の規定により、

贈答禁止や廃止・禁止となっている場合もあるようですので、

確認しておく必要があります。

マナーや決まり事、時期なども間違えれば、悪い印象を持たれてしまうかも

しれませんので十分注意してお中元を贈るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。