「最近フケが増えたように感じるんだけど…」

フケとは、身体でいえば垢と同じです。人の皮膚は、ある一定期間で常に新しい皮膚に生まれ変わっています。古くなった皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚が誕生しているのです。

これは皮膚がある場所ではどこでも起こっていることなので、当然 頭皮でも新しい皮膚が生まれています。この時に剥がれ落ちた古い皮膚、つまり剥がれ落ちた角質細胞…これがフケです。

ですので、フケが出ること自体は正常なこと。しかし目に見えるほど異常にフケが出ることは正常ではありません。

「最近フケが増えたように感じるんだけど…」

こう思われる方は、ひょっとしたら目で見てわかるほどにフケが出ている状態ということですよね?これは注意が必要かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

フケが出る原因とフケの種類

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s

目で見てわかるほどにフケが出てしまう原因は一体何なのでしょうか?フケの種類別にその原因を見てみましょう。

フケの種類は2種類 「乾燥フケ」 と 「脂性フケ」

フケには2種類あり、それぞれ 「乾燥フケ」 と 「脂性フケ」 と呼ばれます。

乾燥フケとは?

その名の通り、頭皮が乾燥して出るフケのこと。洗浄力の高いシャンプーを使い、シャンプーがきれいに洗い流されていないと頭皮が乾燥したりします。また、1日に何回もシャンプーをしたりするのも頭皮の乾燥を招く原因の1つになり得ます。

乾燥すると、頭皮が剥がれやすくなるためフケがいつもより多く出てしまうということです。また、頭皮が荒れてしまいますので、痒みを伴う場合もあります。

頭皮が乾燥していると、頭皮の皮脂が少なくなっているということですので、フケの原因菌が増殖しやすくなりす。皮脂は頭皮を雑菌や紫外線から守ってくれる役割を持っていますので、この皮脂が極端に少なくなると炎症を起こす可能性もあるかもしれません。

脂性フケとは?

逆に、頭皮に皮脂が過剰に存在する場合に癜風菌(でんぷうきん)と呼ばれる菌が増殖します。この癜風菌は常に存在している常在菌なのですが、食事で脂分を摂り過ぎたり、汗や汚れをきれいに落としていないと、それを栄養とし増殖します

その汗や汚れ、つまり栄養を脂肪酸に分解し頭皮に付着させ、結果 頭皮に炎症を起こさせる場合があるのです。この炎症が軽いうちはフケを発生させ、指で触ると湿った感じのフケが出ます。

ただ人によってはカサッとしてパラパラっと落ちてくるような、乾燥フケのような状態になることもあるようです。

炎症が酷くなってくると、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)といわれる病気になり、抜け毛や薄毛の原因にもなりかねません

 

フケを治す方法

スポンサーリンク

使っているシャンプーを見直しましょう。洗浄力の高いシャンプーは頭皮に負担をかけてしまいますので、アミノ酸系の弱酸性シャンプーや無添加・オーガニックシャンプーなどを使用すると、負担も少なく頭皮に残ったとしても、トラブルになりにくいでしょう。

また、秋や冬など乾燥しやすい季節には、保湿成分の含まれるシャンプーを使用したり、なるべく部屋が乾燥しない様に加湿器を使うなど、乾燥対策を行えばさらに効果が期待できるかもしれません。

洗髪の仕方にも注意し、正しい髪の洗い方で日々頭皮や髪をいたわってください。けっして指を立てて頭皮を痛めるような洗い方はしないように。さらに頭皮をマッサージするなどして、常に血行を良くするようにしてください。その時に、保湿に優れた育毛剤などを使用するとさらに血行促進につながり、乾燥からも守ってくれるでしょう。

正しい髪の洗い方をこちらで詳しく説明しています。参考までに。

普段の食生活を見直しましょう。偏った食事になっていませんか?コンビニ弁当ばかり食べていませんか?体の基本は食事にあります。食す食べ物が乱れると、身体の調子が乱れるのも必然です。幸運なことに、日本食は世界的に見ても大変優れた食べ物が多いです。バランスの取れた食事を心がけてください。

 

まとめ

17cfd3ed5819ac977c2c0e4c6d30b760_s

フケには2つの種類があります。「脂性フケ」と「乾燥フケ」です。その原因は使っているシャンプーであったり、髪の洗い方に問題があったり食生活の乱れであったり、乾燥した空間での生活などです。

使うシャンプーや洗髪の仕方を見直し、食事にも気を配る。乾燥する季節などは加湿器などを使用し、乾燥品工夫をしましょう。

フケが気になりだした初期段階では、これらのことを見直すだけで大幅に改善されると思います。改善されない・痛みや臭いが酷いなどの症状がある場合は、まずは皮膚科を受診し専門家の意見を聞いてください。

髪のトラブルは、対策が早ければ早いだけ改善できる可能性がありますので、気になりだしたら上記の対策を行いつつ、病院で相談をされてみてください。

スポンサーリンク