Pocket

 

あなたは、職場でいじめのようなことをされていませんか?

 

  • 無視をされる
  • 馬鹿にされる
  • 仕事をさせてもらえない
  • 陰口を言われている
  • 暴言を吐かれる

 

などなど、これらの行為はモラハラにあたります

 

精神的な苦痛を受け、でも我慢して職場に行く。けれど毎日モラハラを繰り返し・・・

 

このような状況をどうすれば改善できるのか?

どうすればこのような行為をやめてくれるのか?

 

今回は職場でのモラハラと、その解決方法について私の実体験も含め書いていきたいと思います。

 

モラハラってなに?モラルハラスメントの意味とは?

モラハラとはラルハラスメントのこと。

 

まずはモラルハラスメントについて

簡単に説明していきますね。

 

モラハラ(モラルハラスメント)とは

  • モラル=倫理・道徳
  • ハラスメント=嫌がらせ

モラハラとは、倫理・道徳に反した嫌がらせのことをいいます。

 

つまり、職場の同僚や上司・部下による大人のいじめのようなもの

職場でのモラハラといいます。

 

職場でも当たり前のようにモラハラはおきている?

具体的にどんな行為がモラハラにあたるのでしょうか?

最初にも書きましたが、それ以外にも該当する態度や行動は結構あります。

 

  • 無視をされる
  • 馬鹿にされる
  • 仕事をさせてもらえない
  • 陰口を言われている
  • 暴言を吐かれる
  • 仕事に必要な情報を教えてもらえない
  • プライベートに介入してくる
  • 冷笑される
  • 自分だけ他の人と違う態度をとられる

 

こういった態度・行動もモラハラにあたります。

 

こうして見てみると、無視をされたり馬鹿にされたりなどの行動・態度は、

職場の中で結構行われているものです。

 

人によっては暴言を吐くことが当たり前のようになっている人もいるのではないでしょうか?

 

精神的につらい!モラハラの被害から身を守る方法とは?

モラハラは精神的にかなりキツイ思いをしてしまいます。

 

つらいなら思い切って転職をするという方法もありますが、

できればそのままモラハラを止めてもらえることが一番です。

 

しかしなかなか難しいことですよね。

 

もしもの時のためにやっておくべきことを紹介していきます。

モラハラで悩んでいる人は参考にしてください。

 

証拠となる画像や動画、メモなどをとっておく

モラハラが原因で会社に相談する際、また裁判で争う場合に備えて、

証拠となる画像や動画を残しておきましょう。

 

動画を撮ることは難しい場合が多いと思いますが、画像ならば比較的残しやすいと思います。

 

例えばLINEのやり取りをスクショしておくといいですね。

 

また、モラハラを受けたときにメモを取っておくことも有効です。

 

〇〇年〇月〇日 〇〇:〇〇
誰に何をされた(言われた)

 

といった感じでもいいので、とにかくモラハラの事実を残すことが大切です。

 

結果的に訴えることがなかったとしても、残せる証拠は残しておきましょう。

 

毎日日記をつけるのも有効な方法

毎日の出来事を日記に書くのもいいです。

 

〇月〇日
〇〇から職場で一日中無視をされた。
この関係を改善しようと努力はしてみても、まったく〇〇は歩み寄ろうもとしない。

 

 

このように簡単でもいいので、いつ・誰に・何をされ・どう思った(感じた)という

ことを日記に残すようにしましょう。

 

上司や同僚に相談する

画像や動画、メモや日記を残しつつ、職場の上司に必ず相談をしましょう。

 

常識的な上司ならば、部下の訴えに耳を貸してくれるはずです。『常識的な上司ならば・・・』

 

そうです。悲しいことですが、部下の訴えに向き合ってくれない上司も存在します。

そんなときのためにも、画像・動画・メモ・日記などを残しておく必要があります。

 

大きい会社であれば、コンプライアンス室などもあると思いますので、

そういった部署があるならばぜひ相談してください。

 

その際にも画像や日記などがあると状況を伝えやすいですし、相手もわかりやすいので

しっかり状況がわかるように残しておきましょう。

 

出来ればことを荒立てずに解決したいとき

モラハラを止めてもらいたいが、訴えるようなことはしたくない・・・

そんな人もいるでしょう。

 

できることなら事を荒立てずに解決していきたいと思うのは誰でも思うことです。

 

ここからは実際に私が行ってきた対処法をお伝えしていきます。

 

個人の性格によって『できること・できないこと』はあると思いますので、

全てが参考にはならないと思いますが、【一つの方法】として捉えていただければと思います。

 

職場内に見方を探す

まずはこれです。社内全員が敵ということはあり得ませんので、先輩・同僚・上司など

味方を一人でも多く探しましょう。

 

相談できる・愚痴を聞いてくれる人がいるだけで、ものすごく気持ちは楽になりますし、

一人で悩むよりも色んな角度からの意見や考えを聞けるのはかなり助かります。

 

相談相手によっては立場も違ってくるので、上司が上手に状況を変えてくれることもあります。

 

 

まずは味方を一人でもいいので探してみましょう。

 

 

上司以外の役職者とのつながりを探す

モラハラを働く人が上司という場合もあると思います。

 

そんな時は重役・・・とまでは行かなくても、上司よりも上の立場の人とつながりを

持っておくのも1つの手段です。

 

「どうやって・・・」

 

と思うかもしれませんが、そんなに大それたことではなく、趣味が同じとか

たまたま喫煙室で会うことが多いとか、家が近いとか、何か共通点があるだけでも

話はしやすいと思います。

 

もしくは、ド直球に悩みを相談するのもいいです。

 

「〇〇さんにしか相談できなくて・・・」

 

というような言い方をすれば、大抵の人は親身に聞いてくれます。

[あなたしか頼る人がいない]感を出して相談してみると、意外と上手くいったりします。

 

モラハラをする相手に接近して深い話をしていみる

これはその人の性格にもよるでしょうが、私の経験上ではこれが一番効果がありました。

 

モラハラを働いている人に直接話をしに行くのですが、けっこう相手も小心者で

ビビっているものです。

 

人と群れているときは大きいことも言えるのですが、一対一だとそんなに言えないんです。

 

ただ、喧嘩腰で話をするわけではなく、仕事相談をしてみたり、世間話をしてみたり、

つまりコミュニケーションをとるというイメージです。

 

最初はハラも立つかもしれませんが、こちらの策略にハメている・・・

と思ってやってみるとそんなにハラも立ちません。

 

むしろ、ちょっと笑けてきます 笑

 

私の性格だからできたかもしれませんが、相手が小心者の場合がほとんどなので

やれる人はやってみて欲しいです。

 

まとめ

モラハラとは大人のいじめのようなもの。

  • 無視をされる
  • 馬鹿にされる
  • 仕事をさせてもらえない
  • 陰口を言われている
  • 暴言を吐か
  • 仕事に必要な情報を教えてもらえない
  • プライベートに介入してくる
  • 冷笑される
  • 自分だけ他の人と違う態度をとられる

もし職場でこのようなことをされているならば、それはモラハラかもしれません。

 

対処法としては、メモや音声、動画などの証拠を残した上で上司や先輩、同僚などに

相談するか、コンプライアンス室がある職場ならば、相談をしてみてください。

 

ことを荒立てたくないという人は、味方を見つけて一人で悩まないようにしましょう。

 

基本的モラハラが起こっているというのは会社側の責任でもあるので、上司やその上の

役職の人に相談してみてもいいです。

 

上手に状況を変えてくれるはずですので。

 

もしくは本人に直接コミュニケーションを取ってみるというのもアリです。

 

無理にそんなことをする必要はありませんが、モラハラを働いている相手は

ほぼ確実に小心者の場合が多いです。

だからこそ、標的を見つけて的にするわけですから。

 

その程度の小物と思えば、気持ちも少しは楽になると思うので、罠にハメるつもりで

コミュニケーションをとってみてください。

 

意外にあっさり解決するかもしれません。