社会人になって、職場の上司や同僚への新年の挨拶として年賀状を送られている方も多いと思いますが、身内にご不幸があった場合は喪中葉書を出すことになります。

言葉は聞いたことがあっても、あまり経験することでもありませんので、どのような場合に喪中葉書を送るのか?一体どこまでの親族がなくなった場合に送るものなのか?わからないことが多く頭を悩ませる人も多いと思います。

 

スポンサーリンク

 

職場内はまだいいとして、お世話になっている客先などへ毎年年賀状を出している場合はどうするべきか?さらにわからなくなりますよね?

いざという時に困らないように、知識を付けておくことも大事です。サラリーマンをやっているとこういったところで粗相がないように対応することも周りは評価するものです。

また、身内の方にご不幸があった方は喪中葉書を準備しなければいけない人もおられるかもしれませんね。

今回はあまり経験がない、喪中葉書について詳しく見ていきたいと思います。

 

喪中葉書はどこまでが範囲?基本的には2親等まで

 

 

a2094619e196a8d454e821d083f00c92_s

喪中となる範囲とは?

一般的には、1年以内に2親等内の親族がなくなった場合に送る必要があります。

なぜ2親等なのか?というところに宗教上の特別な理由があるわけではありませんが、場合によっては2親等内であっても「同居していないから」という理由で喪中葉書を出さない人もいますし、3親等にあたる親族でも「同居していた・つながりが深かった」という理由で送る人もいるようです。

【0親等】本人・配偶者

【1親等】両親・子供・配偶者の両親・子供の配偶者

【2親等】祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹・孫・孫の配偶者

喪に服す期間は0親等と1親等内は1年、2親等は3ヶ月が喪中となるわけですが、ほとんどが1年間喪中とすると人が多いです。

先ほども言いましたが、同居していた場合や、付き合いの深さや悲しみの深さなどを基準に判断される場合もありますので、ご親族の方と相談されて決めるのが良いかもしれませんね。

 

喪中葉書は誰に出したらいいのか?

毎年、年賀状を交換している方たちに送ります。

喪中葉書の本来の意味は、「身内に不幸があり、喪に服しているため新年の挨拶が出来ません。年賀状は失礼させていただきます。」と相手に事前にお知らせするものです。

注意したいのが、喪中葉書は「亡くなったことを伝える為のもの」と認識している人が結構いるということです。

毎年年賀状を交換しているわけではない方に、喪中葉書を出す必要はありません。喪中でなければ新年の挨拶をしたかった方に送るようにしましょう。

 

喪中葉書を出す時期はいつ?

 

スポンサーリンク

 

喪中葉書を送るタイミングは非常に重要!

年賀状の投函受付は12月の半ばくらいですので、喪中葉書は11月中に出すのが良いでしょう。どんなに遅くても12月頭には出すようにします。

これは、あなたの身内の方にご不幸があったと知らない方は、12月中頃にはあなた宛てに年賀状を投函している可能性があるためです。人によっては、喪中を知らずに年賀状を出してしまったことを非常に気にして謝れる方もおられます。

そのような余計な気遣いをさせないためにも、相手が準備に入る前に喪中葉書を送るようにしましょう。

 

12月に不幸があった場合は?

12月になって親族の方が亡くなった場合は、喪中葉書を出さずに松の内(元旦~1月7日)が過ぎた時点で寒中見舞いとして出すようにします。あえて喪中葉書を出さないということですね。

寒中見舞いでは以下のような構成で喪中である旨と年賀状を頂いたことへのお礼、喪中葉書をだせなかったことへのお詫びなどを相手に伝えるようにしましょう。

  • 寒中見舞いの言葉
  • 年賀状へのお礼
  • 喪中のお知らせ
  • 喪中葉書を出さなかったことへのお詫び
  • 締めの挨拶

注意することとして、年賀の「賀」はおめでたいこと表す言葉となるので使用しないよにします。「年賀状」ではなく「お年始状」や「年頭のご挨拶」といった表現が良いかと思います。

 

ビジネス上での喪中葉書は送るべきか?

 

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

 

ビジネス上では喪中葉書を出すのかどうか迷うことが多いかと思います。お世話になっているお客様へ毎年年賀状を送っている場合はどうすればいいのでしょうか?

ビジネス上では個人的な事と捉えて、喪中葉書を出さないケースが多いようです。

しかし、葬儀に参列してくださった方などには喪中葉書は出すようにしましょう。あなたが喪中であることは理解されているわけですので、逆に年賀状が届くとかえって困らせてしまう可能性もあります。

遠方におられるお客様で、喪中であることをご存じないお客様に対しては年賀状という形でいいかと思いますが、一度上司の方などへ相談をしてみて決められるのが一番無難かもしれませんね。

 

まとめ

 

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

 

如何でしたでしょうか?

普段はあまりこのような経験をすることが少ないので、いざという時は困ってしまいますよね?結婚されている方であれば、奥様がほとんど年賀状などは準備されるところが多いかもしれませんが、奥様もあなたと同じく経験がないため困ってしまいます。

そんな時にあなたから的確な指示があれば奥様も動きやすいでしょうし、「頼りになるわ」と思っていただけるでしょう。

決して奥様に投げっ放しにはしないでくださいね!

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました。