ほうれい線で悩む男性も多いと思いますが、30歳も超えてくるとだんだんと「加齢」による顔の筋肉の衰えなどにより、ほうれい線がでできます。

しかし、まだ若い年齢でもほうれい線がでてきて、実年齢より老けて見られる人もいます。

「加齢」ではなく、ほうれい線がでてくる原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

またその対策はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

ほうれい線が出来る原因は?

ほうれい線が若いうちから出てくる人には、どのような原因があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

男性はそもそもケアをしていない

まず男性は基本的にケアをしていない人が多いというのがいちばんの理由でしょう。

女性は美意識が高いので毎日のように肌の手入れを行いますが、男性はこれといって肌のケアをしていません。

当然、男性と女性の同年代の人を比べれば多くの場合は男性の方が老けて見られることでしょう。

ただ、裏を返せば、全く何もケアしていない男性ですから、少しのケアで改善する可能性も十分あります。出来ることから取り組んでいくといいでしょう。

あまりケアに凝りすぎると、女性からの評価は逆に落ちる時もあります。

「男のクセに」と言われたりもしますので、まずは簡単に取り組める対策から行なっていきましょう。

 

間違ったケアで乾燥肌に

ケアをしていても、その方法がそもそも間違っていれば意味がありません。

むしろ、無駄に肌を傷めたり乾燥肌になっていることだってあり得るのです。

正しい知識と正しいケアを行うようにしなければ意味がありません。

とはいっても、それほど難しいことではないので一度しっかりと学んでしまえば問題ありません。

間違ったままケアを続けないようにすればいいのです。

 

むくみがほうれい線の原因に?

むくみというのは塩分や冷えなどが原因で顔に水分がたまり起こるとされています。

このむくんでいる状態が続くと、重力で皮膚が下に引っ張られて、口元と頬の間に線ができそれがほうれい線になるというものです。

顔がむくまないように気をつけ、また、むくんでも継続させないように早めに改善するように心がける事も、ほうれい線対策に繋がるという事です。

 

日常生活でのクセが原因

日常的に行なっている行動が原因でほうれい線ができることもあります。

例えばモノを噛むときに片方だけで噛むクセがあるとか、立っているときに片足だけに重心を掛けているとか、頬杖をつくなど、そのような行動がクセになっていて日常的に行なっているようなら、骨格が歪みほうれい線ができる可能性があります。

 

遺伝による骨格が原因

生まれつきの骨格や筋肉のつき方などが原因でほうれい線ができる場合もあります。

例えば頬骨が高いとか、丸顔で顔に肉が付きやすいと重みでほうれい線ができやすいといったケースです。

しかし、若いうちからしっかりとケアをしていけば予防はできますので、早い段階でケアをしていきましょう。

 

 

 

若いうちからできるほうれい線対策

 

スポンサーリンク

 

ほうれい線は絶対に防ぐことはできませんが、若いうちから対策をしていけば薄くなったり、目立たなくするということはできます。

また、30代40代の人でも今からでも対策を行えば消せないまでも、薄くしたり目立たないようにできますので、諦めずに対策していきましょう。

 

正しいケアを行う

乾燥しないようにしっかり保湿する必要があります。ヒゲを剃った後にシェーブローションを使っていない人が多いかと思いますが、髭剃り自体カミソリで肌を擦っているため肌が痛んでいます。また、普通のシェーブローションは、アルコール成分で付けた後にスーッとすると思いますが、肌の水分が飛んで乾燥しやすくなります。

肌の潤いは「水分」と「油分」のバランスが大切なので、乳液やクリームなどでしっかり保湿をしましょう。

 

今はオールインワンタイプと言って、洗顔後に塗るだけで保湿までしてくれるという便利なものがあります。

こちらのZIGENはコスパも高くオススメです。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓



 

肌をこすらないようにする

シェーブローションや乳液などを肌に付けるときに擦りつけるような付け方はやめましょう。

擦るということは、肌と手の平で摩擦が起きているわけですから、肌にとって良くないことと言えます。

ジワっと肌になじませるようにしましょう。

また洗顔にも同じことが言えますが、よく泡立てないで洗顔している男性が多いように思います。

手のひらで顔を擦るように洗うのではなく、泡で顔を洗うように優しく洗顔しましょう。

 

適度に運動して血行を良くする

適度な運動は筋肉を鍛えるだけでなく、血行が良くなります。

血行がよくなると新陳代謝も上がります。代謝がよくなれば肌の状態もよくなってきます。簡単なストレッチやウォーキングなど、軽い運動を毎日の習慣の中に取り入れみましょう。

また、顔専用のトレーニングアイテムなどもあります。

顔の筋肉のたるみなどが気になる方は、そういったトレーニングアイテムを使用するのもオススメです。

 

顔用トレーニングアイテム FACIAL FITNESS PAO

たるみ、シワ、ほうれい線に「表情筋を鍛える」という新メソッドを。
引用元:img.mtgec.jp

体が冷えないようにする

コーヒーなどを好きで飲んでいる人は多いでしょうが、コーヒーや緑茶は体を冷やしてしまいます。飲みすぎないように注意しましょう。

また、お風呂をシャワーだけで済ます人もいるでしょう。なるべく湯船につかり、体をしっかりと温めることをオススメします。

体が冷えてしまうと、血行が悪くなりほうれい線や顔のシワの原因となります。

体は極力冷やさないようにするべきです。

 

毎日の睡眠を6時間以上取るようにする

睡眠は人の体になくてはならないものです。

若い時にあまり寝ないでいると、年を重ねてからその習慣のままでいると体の調子を崩しやすくなったり、病気がちになったりと体にいいことがありません。

また血行も悪くなったり肌荒れが酷くなったりと、シワやほうれい線の原因にもなりかねません。

なるべく一日6時間以上の睡眠時間を確保するように心がけましょう。

 

体のクセを見直し骨格の歪みをなくす

骨格の歪みはシワやほうれい線の原因となります。

モノを嚙んだり、寝る姿勢が毎回同じ方向を向いている、毎回同じ側の足を組むなど、ついついクセで続けている姿勢があると思います。

立ち姿勢にしても片側に体重をかけていると骨格は少しずつ歪んできます。

一度自分のクセを見直し、左右対称のバランスがよくなるよう意識してクセを改善していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若いうちからほうれい線ができてしまう原因は、遺伝的なものもありますが、日常生活における姿勢の悪さやクセによって歪んでしまった骨格にも原因があります。

一度自分のクセを見直すとともに、血行が悪くならないように適度な運動をしたり、体を冷やす飲み物を控えてみたり、お風呂はシャワーで済まさずしっかりと体を温めるように心掛けましょう。

また、睡眠も毎日6時間以上とるようにし体の健康維持に努めることも大切です。

そして正しいケアを行い、肌を傷めないよう水分と油分のバランスを保てるようにしっかりと保湿を行っていけば、ほうれい線が薄くなったり、できにくくなりますので、若いうちからケアに取り組んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。