Pocket

香水を使っている男性で、

なんとなく『ここに付けよう』くらいな

感覚で香水を付けている人は

多いと思います。

 

しかし・・・

それって本当に合っていますか?

 

実は香水を付ける場所によっては

嫌な印象を与えてしまう可能性があるんです!

 

香水を付ける正しい場所を理解して

ムダ無く好感度を上げていきましょうッ!

 

香水を使う前に知っておきたい香水の種類とは?

実は香水は大きく4つの種類わけられます。

●パルファン

●オーデパルファン

●オーデトワレ

●オーデコロン

それぞれ特徴があり、その特徴にあった付け方や

使用する場面も違ってきます。

 

まずは各種類の特徴を理解しましょう。

 

パルファン

フランス語で『香水』という意味。

本来香水とはパルファンをさします。

 

トップグレードに位置する香水で

その分、金額も高くフォーマルな場面で

使用されることが多いようです。

 

香りも強く、一般的なスプレータイプ

ではなく一滴を体の一部に付けて使用する

ものが多いです。

 

付け方としては『点』を意識して

一滴付けるようにします。

 

【特徴】

濃度が濃ゆく香りも長持ちします。

  • 濃度:15%~30%
  • 持続時間:5~7時間

 

 

オーデパルファン

『オーデ』とは『水』という意味があります。

オーデパルファンとは『水+香水』、

つまりパルファンよりも『薄い香水』を

イメージできると思います。

 

とはいえ、香りが弱いという

わけでもないので、付けすぎには

注意が必要です。

 

スプレータイプのものが多いので

体の一部に『線』を意識して

1~2プッシュするといいでしょう。

 

【特徴】

パルファンの次に濃度が濃ゆく、

香りも長持ちします。

  • 濃度:10%~15%
  • 持続時間:5~7時間

パルファンに比べ濃度が低い分、

価格もパルファンより低く設定

されている場合が多いようです。

『EDP』と表記されます。

 

 

オーデトワレ

よく目にするのがこのオーデトワレ

かもしれませんね。

 

『トワレ』とはフランス語で『化粧』

という意味です。

『オーデトワレ』とは『水+化粧』、

つまり化粧水と言えます。

 

もちろん日本でいう化粧水とは全く

意味が違いますが、パルファン(香水)よりも

ずっと軽く香りも薄いというイメージですね。

 

その分香り立ちもいいので使いやすい

香水と言えます。

 

初めて香水を使う人であれば、

使いやすいのでおすすめです。

 

付け直すタイミングは5時間くらい

がいいでしょう。

 

なお、付けるときは『線』を描くように

2~3プッシュするといいです。

 

【特徴】

  • 濃度:5%~10%
  • 持続時間:3~5時間

金額もリーズナブルで普段使用する

香水としては非常に使いやすいと思います。

『EDT』と表記されます。

 

オーデコロン

『コロン』とはドイツの『ケルン』という

都市を指します。

 

直訳すると『ケルンの水』なのですが、

オーデコロン(ケルンの水)は

世界最古の香水とも言われており、

ドイツはオーデコロン発祥の地とされています。

 

濃度が最も薄く、爽やかな香りのものが

多いので、お風呂上がりやスポーツの後に

使用している人も多いようです。

 

体の一部に『面』を意識して付けるように

するといいですね。

 

【特徴】

濃度は非常に薄く、持続時間も一番短いです。

  • 濃度:2%~5%
  • 持続時間:1~2時間

 

香水の種類と特徴について見てみましたが

各メーカーによって、どの名称を使用するか

は任せられています。

法律などで厳密に管理されているわけでは

ないからです。

 

ですのでこれらの各香水の種類の特徴は

あくまでも目安として見るように

してください。

 

 

香水は体のどこに付けたらいいの??

それではここから本題に入っていきます。

香水を付ける場所を間違えてしまうと、

周囲の人たちが不快に感じてしまうことも

ありますし、汗と混じって変なにおいに

なってしまうこともあります。

 

また、適量を超えて付けすぎてしまうと

スメハラとなる可能性も・・・

 

正しい場所と適量をしっかり理解して

香水を楽しむようにしましょう!

 

付けすぎは絶対にNG!ほのかに香る程度がベスト!

まず基本的に

香水の付けすぎは絶対にNG

です!

 

自分ではっきりと香りが分かるならば

周囲の人はもっと強烈に香っている

可能性が高いです。

 

自分でほのかに香る

くらいを目安につけていくといいです。

スプレータイプでは1~3プッシュ。

 

香水の種類によっても多少の違いは

ありますが、これくらいを目安に

付けるようにしましょう。

 

香水を付ける場所はどこなの?

香水は手首とか首筋とかに

付けるって思っている人は多いと

思います。

しかしこれらの場所は付ける量が難しく、

かえって不快感を与えてしまう可能性も

ある場所なんです。

 

香水を付ける場合のポイントは、

体温が高い場所に付ける

ことです。

 

そして

鼻から遠い場所

に付けるようにします。

 

そしてもう一点。

上半身は香りが強くなる

下半身は香りがソフトになる

ということを覚えておきましょう。

 

では、具体的にどの部分につけるのかを

みていきましょう。

 

 

香水を付ける場所【上半身】:肘の内側

hijinoutgawa

肘の内側は皮膚温が高く、

動作も多いため香水が揮発しやすいです。

 

鼻からも離れた場所ですので

揮発した香りにふんわりと

包まれやすいです。

 

香水を付ける場所【上半身】:左胸

hidarimune

左胸は心臓の脈動によって

香りがたってきます。

 

鼻からも遠い場所なので

ほのかに香りに包まれます。

 

香水を付ける場所【下半身】:ウエスト

west

ウエストに30cmほど離してから

1~2回プッシュします。

 

時間がたつと、服の内側から

ほんのり香りが上がってきて

香り全体に包まれるようになります。

 

管理人も一番多く付ける場所ですが、

気持ちよく香りを楽しめるので

おすすめの場所ですね!

 

香水を付ける場所【下半身】:内もも

uchimomo

体温も高く、鼻からも離れているので

ふんわりと香ってきます。

管理人は香水を付け直すときに

内ももに付けるようにしています。

 

香水を付ける場所【下半身】:膝の裏

hizanoura

膝の裏は体温が低いのであまり香りだちが

強くありません。

 

香水の種類によって、「臭いがきついなぁ」

と思うようであれば、膝の裏側に付けてみると

いいかもしれません。

 

香水を付ける場所【下半身】:足首の内側

asinoutigawa

香りは下から上に上がってきます。

また足首の内側は汗をかきにくく、

歩くことで次第に香りが立ち上って

全身を包んでくれます。

 

香水を付け直す場合にも

おすすの場所となります。

 

香水を付けるタイミングも重要

これまで香水の種類と特徴、

そして体のどこに付けるのかを

みてきました。

 

実際に人と会う場合、例えばこれから

女性と会う場合に、どのタイミングで

香水を付ければいいのでしょうか?

 

香水を付けるタイミングも

かなり重要なので、

一緒に覚えておきましょう。

 

香水は出かける30分前に付ける

kousui

 

香水は時間の経過とともに

香りが変わってきます。

 

トップノート
香水を付けてから5~10分後くらいに香り
第一印象となる香りです。トップノートには柑橘系やグリーン系など

軽めの香料が使われることが多いです。

 

ミドルノート
香水を付けてから30分~1時間後に
香ってきます。ミドルノートはその香水のテーマや個性

そのものであり、ハートノートとも

言われています。

 

ラストノート
香水を付けてから約2~3時間後
くらいに香ってきて、その香水の残り香となるものです。

ムスクやバニラなど残香性の高い

ものが使われます。

 

香水を付けてすぐは香りが強すぎるので

【香水付けてきました感】が出てしまいます。

 

なので出かける(人と会う)30分くらい前

に付けていくと、その香水の一番いい香りが

出てきますので『香水は30分前に付ける』

と覚えておきましょう!

 

香水の正しい付け方まとめ

AI_IMG_7674_TP_V4

結構知らないことが多かったのでは

ないでしょうか?

 

香水一つで好感度を上げることも

できますが、正しく使えないと

スメハラと言われたり、周囲に不快感を

与えてしまう可能性もありますので

しっかり理解してから使いたいですね!

 

【香水の種類は4種類】

  1. パルファン
  2. オーデパルファン
  3. オーデトワレ
  4. オーデコロン

上から順番に価格が高く濃度も濃ゆくなり

その分持続時間も長くなります。

 

【香水を付ける場所】

鼻に近すぎない場所で体温が

割と高い場所がいいです。

また、上半身より下半身に付けた方が

香りがソフトに感じられます。

  1. 肘の内側
  2. 左胸
  3. ウエスト
  4. 内もも
  5. 足首の内側

 

パルファンなどは下半身に付けても

いいかもしれませんね。

 

反対に上半身に付ける場合は

オーデパルファンやオーデトワレ

などがいいと思います。

 

香水を付けるタイミングは

出かける30分前にしましょう。

そうすることで香水が一番いい香りの時に

合わせることができます。

 

香水の種類と特徴を知って、

正しい場所に付けてちょっとおしゃれな

男性を演出してみましょう!