薄皮や抜け毛に悩む人が取り組みやすい対策方法として育毛剤の使用があると思いますが、ネット調べていると種類が多すぎてどれを買ったらいいのかまよいますよね?

効果を期待してるので、当然効果が出るものを選びたいわけです。そんな理由から私自身、何を買ったらいいのか迷い過ぎて買えない状況なんですが・・・。

 

スポンサーリンク

 

ただどの情報にも書いてあることは「育毛剤には効果に個人差がある」ということです。これはもう、しょうがないことですよね。

 

しかし!

 

できれば効果を出したい!そういう育毛剤を選びたい!そう思うのは私だけではないはずです。

ということで、今回は育毛剤の効果と育毛剤ではげ対策になり得るのか?についていろいろと調べてみました。

同じ悩みを持っている方々に少しでも参考になればと思います。

 

育毛剤に発毛効果が期待できるものとできないもの

 

90677ac786f127aee2de0a7a0dead8d0_s

 

いろいろと調べてみたところ、育毛剤には効果が期待できるものと効果が期待できないものがあるようです。まず、そこの見分けがつけば数ある選択肢の中から不要なものを大きく省けるのではないでしょうか?

 

育毛剤の種類は大きく分けて2種類

育毛剤を大別すると次のようになるようです。

  • 医薬部外品育毛剤
  • 医薬部外品ではない育毛剤

この2つの違いは、医薬部外品かそうでないか。

 

おい!

 

それくらいわかりますよねw

ただ医薬部外品の認可は厚生労働相が許可するようで、何らかの効果が期待できるというものにしか認可はおりません。

ということは、医薬部外品ですらない育毛剤は、はたしてはげ対策としての効果があるのか?ということになりますね。

結論

育毛剤は医薬部外品のものを選んだ方がはげ対策には効果が期待できる!

 

医薬品の方がさらに効果を期待できる

 

スポンサーリンク

 

医薬部外品の育毛剤とそうでない育毛剤の違いはわかったかと思います。

ところが、医薬品の認可を受けている育毛剤もあるようで、そちらの効果はどうなのか?調べてみると、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品の認可を受けたものの方が、医薬部外品よりもはげ対策としての効果を期待できるというのです!

じゃあもう、それ以外の育毛剤なんてどうでもいいじゃないか!と思ったのですが、実は医薬品には副作用のリスクがあるといのこと。

それに比べて医薬部外品は副作用がほとんどないようです。

副作用が怖いのならば医薬部外品を使用し、副作用よりも効果を重視したいと言うのであれば医薬品を使用する。そのような考え方で育毛剤は選んでいけばいいのではないでしょうか?

※基本的には医薬品を使用する場合は病院で診断を受け副作用などのリスクの説明を聞き医師と相談しながら使用された方いいようです。何があっても自己責任になっちゃいますからね。

 

まとめ

 

224bd6ba8bcee7935e3ae24197b8fb52_s

 

如何でしたでしょうか?

いざ育毛剤を買おうと思っても種類が多過ぎて選ぶのに困ってしまいますが、今日知ったことを基準に選んでいけば良さそうですね!私は個人的には医薬品を選んで使用してみようと思いました。

薄毛で悩む人は大勢いると思いますが、そんな人達に少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうござい。