Pocket

唐沢寿明さん主演の

ハラスメントゲーム

めちゃめちゃ面白いですね!

 

でもドラマの中で実にいろいろな

【〇〇ハラスメント】が出てきています。

 

中には初めて聞くようなハラスメントも・・・

 

そこで今回はドラマに出てきた

【〇〇ハラスメント】をまとめてみました。

 

詳しく知らないだけに、

『実は自分もそれやってる・・・』

なんてこともあるかもしれません。

 

とても勉強させられるドラマですね!

 

ハラスメントゲームの【〇〇ハラスメント】これまでに出てきたハラスメントは?

私はこれまで1話と2話を見ましたが、

それだけでもかなりの【〇〇ハラスメント】

が登場していました。

 

簡単にまとめてみましたので、

『これやってしまっている・・・』

というものがないか、確認してみてください。

 

セクハラ(セクシャルハラスメント)に該当する行為

  • 他の女性と比較して優劣をつけること
  • 女性に優しさを強要する行為
  • デートかどうかを聞くこと
  • 女子社員と二人で飲みになんか行ったらセクハラで訴えられるリスクがある

ドラマで出てきたセクハラの内容です。

 

これはあまり該当しないかもしれませんが

デートかどうかを聞くことも

セクハラなんですね・・・。

 

なんか基本的に仕事以外の会話は

あまりしない方が無難という印象を

もってしまいますが・・・。

 

女子社員と二人きりで飲みに行ったら

セクハラで訴えられるリスクがあるというのは

わかる気がします。

 

この場合は複数人でいった方が無難ですね。

 

でもどうしても二人で飲みに行く場合は

秋津室長のセリフを借りてこう言いましょう。

 

『だから首をかけて誘っております!』

 

意外と笑ってくれるかもしれませんよ 笑

 

パワハラ(パワーハラスメント)に該当する行為

パワハラはこれまでで一番出てきた

ハラスメントでした。

 

ドラマの中でパワハラの定義

下記のように説明されています。

パワハラの定義:同じ職場において職務上の地位や人間関係の優位性を背景に適正な業務を超えて精神的・身体的苦痛を与えること

 

意外なことに秋津室長が部下の

高村真琴(広瀬アリス)に握手を求める

シーンでパワハラになると指摘しています。

 

不必要に接触を強要する行為、人事権を持つ上級職によるパワハラ

 

「マジかよ・・・」と言いたくなりますね・・・

 

そしてこれは絶対やってしまっている

と思うのですが、

  • 「がんばれッ!」
  • 「あきらめるなッ!食らいつけッ!」

この言葉は相手によってはプレッシャーを

与えることになり、パワハラになることも

あるそうです。

 

励ますつもりで言った一言がパワハ

なることもあるということですね・・・

 

そして以外と知らない人が多い

と思うのですが、パワハラは上司から部下

だけではなく、部下から上司へ

なり立つものなのです。

 

これを知らないでいると、

ある日突然、痛い目を見るかもしれません・・・・

 

 

一番やってしまっているかもしれない

ことが『名前の呼び方』でしょう。

 

〇〇君という呼び方は、男女関わらず

地位をひけらかすパワハラになりかねない。

 

苗字ではなく、下の名前で呼ぶ行為

職場全員が名前で呼び合う職場以外アウト。

 

これは正直コミュニケーションも取りづらい

と思うのですが・・・

 

その他にも

  • 「キミ」「あなた」はグレー
  • 「おまえ」「あんた」はアウト

 

もう苗字にさん付け以外、名前を呼んでは

いけないのかと思ってしまいますね・・・

 

ハラスメントハラスメント(ハラハラ)も存在する

ハラハラとは、

ハラスメントという大義名分を武器に周囲を困らせる行為

ということで、何でもかんでも

【〇〇ハラスメント】というのも、

逆に訴えられる可能性があります。

 

要は常識的ではない行為だったり

真っ当な理由ではない行為・発言は

反対にハラハラで訴えられるかもしれない

ということですね。

 

世話焼きハラスメント(世話ハラ)

世話ハラとは、

世話を焼きすぎて相手に不快感を与える行為

ドラマの中ではスーパーのベテランパートが

若い女性スタッフに世話を焼きすぎて

いろいろと発言していたことを受けて

使われていました。

 

これも結構あるあるなのではないでしょうか?

 

リストラハラスメント(リサラ)

リサラとは、

会社を辞めてもらうしかないというような発言

これは結構難しい部分があると思うのですが

例えば上司や上役から、

「だったら会社を辞めてもらうしかないな」

と言われた場合に該当する可能性が

あります。

 

とは言っても、言ったからリサラ

とかではなく、状況によるところが

大きいとは思います。

 

高圧的に権力で押さえ込んだり、

難しい条件を突きつけられ、それを断った

時にこのセリフが飛び出すならば、

それはリサラと言えるでしょう。

 

この場合はパワハラも関わってきそうですね。

 

その行為・・・気付いてないけどあなたもやってしまっている?

これまで見てきた中で、心当たりがある

行為があったのではないでしょうか?

 

昔は「ハラスメント」という言葉も

浸透していなかったので、

ついついクセでやってしまっている

行為もあると思います。

 

名前の呼び方は特に注意!

これは常に意識しておかなければ

無意識にやってしまいそうですね。

 

ただ、以前から下の名前で呼んだり、

〇〇ちゃんとか読んでいても

相手が不快に感じておらず、関係性も良好

であれば問題はないと思います。

 

仲のいい職場であれば、呼び捨てなんて

人もいるでしょう。

 

[状況次第]という言い方になって

しまいますが、使い分けが必要ですね。

 

女性社員とのやりとりは大丈夫?

女性社員とのやりとりは特に注意をした方が

よさそうですね。

 

名前の呼び方、接し方、何気ない会話など、

色んなところでセクハラと言われてしまう

可能性があります。

 

間違っても「女は・・・」などという

言い方はしないように。。

 

なんだかんだ信頼関係が大切?

こうやって見てみると、悪気あって言った

わけでもない言葉がパワハラ

なってしまったり、

 

励ますつもりでかけた言葉が相手には

プレシャーになったり、

 

よかれと思ってアドバイスした結果

世話ハラと言われてしまったりする

ということも大いにあり得るようです。

 

しかしお互いの間に信頼関係ができていると

パワハラセクハラなどとは言われない

ことも確かにあります。

 

特に仕事においてはコミュニケーションは

必須です。

 

協力なくして仕事はできません。

 

仕事に対しても、人としても誠実に

向き合うことで防げることはたくさんある

のではないかと思います。

 

 

まとめ

ドラマ【ハラスメントゲーム】にでてきた

【〇〇ハラスメント】をまとめてみました。

 

こうして見ていくと、以外にやって

しまっている行動や発言もあるものですね。

 

ドラマのオープニングではありませんが、

「今日は被害者、明日は加害者」

となってもおかしくない現代です。

 

一度自分の行動や発言を見直してみるのも

いいかもしれません。

 

最後に、主人公 秋津 渉の熱い名言を・・・

間違ったことをしている人間に注意すらしないことを見殺しといいます。

その方がよほど残酷で無慈悲なパワハラなんだッ!

 

素晴らしい言葉ですね!