ゴルフ経験者でもよくやってしまう失敗。

 

アプローチでグリーンに寄せる時にザグってしまい

ミスショットになってしまう・・・

 

これがゴルフ初心者や経験が浅いゴルファーなら尚更です。

 

しかし、ザグらずに上手に打てる方法があるんです!

 

私も実践しているアプローチの上手な打ち方をご紹介します!

とても簡単なので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

ゴルフ初心者でも簡単!ザグらないアプローチの打ち方

以前、テレビ番組で紹介されていた打ち方なのですが、

試しにやってみたら本当に簡単でザグらずに打てるようになりました!

ザグらないアプローチで、目指せ100切りッ!

 

打ち方はパターで、打つ強さもパター?

ザグらないアプローチの打ち方は、簡単に言うとパターで

打つような打ち方なんです。

 

まずはこちらの動画を見てください。

 

打つ強さは感覚でいいの?

距離を合わせるときは、

「パターで目的の距離まで打つとしたらこれくらいかな?」

という感覚でOKです。

 

こちらでパターの打ち方を解説した記事でも紹介していますが、

人間には距離感覚がそもそも備わっています。

 

イメージとしては、

「ゴルフボールを手で転がすと大体こんな感じかな?」

という感じです。

 

それで大体パターで打った時にその距離にボールが転がるので、

今度はそれをアプローチウェッジで打つということです。

 

50〜60ヤードも楽に狙える!

パターのように打って寄せるのですが、

50〜60ヤードくらいの距離でも、

そんなに無理せずに狙えます。

 

感覚としては、

「パターで50〜60ヤード転がすならこんな感じかな?」

です。

166910

 

最初は感覚的にわかりにくと思いますが、

練習場で試しに打ってみましょう。

「パターで50〜60ヤード」の感覚を掴めると思いますよ!

 

番手を変えてバリエーションを増やそう!

人によっては、例えばアプローチウェッジで

50〜60ヤードはちょっと届かない

という人もいるかもしれません。

 

そんな時は無理して狙わず、ピッチングウェッジ

を使って打ってみるのもアリです。

 

無理をしてクラブを振ろうとすると、

バランスを崩しやすくなりミスショットになる

可能性が上がります。

 

ですので、番手を上げて同じように振り、

それによって飛距離を変えると安定した

距離調整が可能になるでしょう。

 

もちろん9番アイアンを使うというのもいいですね!

 

雨などでぬかるんでいるとザグりやすい!?

雨が降っていたり、雨上がりのゴルフ場は非常にザグりやすいです!

 

私も過去に何度も失敗していますが、

残り40ヤードほどを3打も打ってやっとグリーンに乗せた・・・なんてことがありました。

 

せっかく2〜3打でグリーン手前まできても、

これではスコアは良くなりませんね。

 

雨や雨上がりでぬかるんでいても大丈夫?

そこでパター打ちアプローチの出番なんですッ!

雨などで土が柔らかくなっているので、

出来るだけボールのみを上手に打たないと

ミスショットになってしまいます。

 

ですので、パター打ちアプローチでボール

だけを打ってミスショットの確立を下げると

雨の日でもスコアを崩さずにラウンド

できると思います。

 

番手を上げてソールの厚いアイアンを使おう!

パター打ちアプローチでも注意すべき

ポイントはあります。

 

それは、ソールの厚いクラブを使うことです。

 

ソールの薄いウェッジだとザグってしまう

可能性があるんです。

 

しかも、雨の日は基本的に飛距離が落ちますし

泥などがボールに着いて重たくなるので

飛びにくいんです。

 

なるべく力加減で調整しなくていいように

番手を上げて飛距離を調整します。

 

ピッチングや9番アイアンですと、

ソールが厚くなってくると思います。

 

ソール

ソールが厚くなっている分

ザグりにくくなってきますので、

ミスショットを減らすことが可能になります。

 

グリーン手前にバンカーがあっても大丈夫!

アプローチで寄せたいけど、グリーン手前にバンカーが・・・

こんな状況ってよくありますよね?

dc7a1a085b8e8de1a8bfb470e9d1c52d_s

パター打ちアプローチだとバンカーに入ってしまうんじゃ・・・

と心配になるかもしれませんが大丈夫ッ!!

 

実はパター打ちアプローチは意外にボールが上がるんです!

 

パターのように打っても意外に上がる!?

パター打ちアプローチで寄せたことがない人は

あまりイメージがつかないかもしれませんが、

打ち出しのボールは結構上がります。

 

なのでバンカーをフワッと飛び越えていくので

 

例えグリーン手前にバンカーがあっても

心配いりません^^

 

 

そもそもアプローチウェッジやピッチング

9番アイアンなどのライ角は、

ボールが上がる角度になっているので

ボールは絶対上がるんです。

ライ角

 

あとは信じて振れるかどうかだけなんですね!

 

パター打ちだから安心して打てる!

ボールを上げようとすると、

顔が早めに上がりやすくなります。

いわゆるヘッドアップが早い

というやつですね!

 

顔が早めに上がってしまうと、

トップになってしまうので

アプローチウェッジなどの

ボールが上がるクラブで打っても

バンカーに入ってしまいます。

 

 

顔をしっかり残してパター打ちをすれば、

必ずボールは上がるので信じて打ちましょう!

 

 

まとめ

ゴルフ初心者でも上手に打てるアプローチが

パター打ちアプローチです。

 

しかも、雨の日のザグりやすい状況でも上手に打てます。

 

ポイントソールの厚いピッチングや9番アイアン

などで小さい力で距離を出すイメージ

持つことと、ヘッドアップしないように

しっかり頭を残すことです。

 

グリーン手前にバンカーがあっても、

必ず飛び越えてくれるので信じて振っていきましょう!

 

簡単なパター打ちアプローチでスコアアップを

目指しましょうッ!!

 

【合わせて読んで欲しい関連記事】

ゴルフ初心者の練習方法まとめ!ドライバーからパターまで!