ゴルフ初心者で、すでに何度かコースでプレーしたことがある人もいるでしょう。

そのスコアはどうだったでしょうか?

120台?もしくは130台?ひょっとすると150台という人もいるでしょう。

ゴルフのスコアってなかなか縮まらないんですよね。

 

ただ、大半のゴルフ初心者の場合、打数を稼いでしまっているのはアプローチとパットです。

ドライバーでのどスライスでOBというのもあるでしょうが、

うまくドライバーがまっすぐ飛んでも、結局グリーン周りやパットで打数を稼いでしまい、

10打以上になってしまったりしているケースが多いと思います。

 

今回はタイトル通り、ゴルフ初心者がスコアアップをするために必要となる

アプローチについてです。

正直言って、このアプローチを練習することが、スコアアップの近道だと

私は思っています。

 

実際にアプローチを真剣に練習しだしてから100を切れるようになりましたし、

パターの打数も減りました。

 

スコアアップをしたいゴルフ初心者の人は、ぜひアプローチを練習してみて下さい。

きっとスコアアップにつながるはずですよ!

 

関連記事:ゴルフ初心者はアプローチで失敗する?正しい打ち方でスコアアップ!

 

スポンサーリンク

 

なぜアプローチがスコアアップにつながるのか?

なぜ私がここまでアプローチの練習を進めるかというと、

実際に体感したからなんですが、ちゃんと理由があります。

 

上手なプレイヤーと一緒にコースを回るとわかると思いますが、

100を切ったり80台で回る人というのは、実際にアプローチが

かなり上手いです。

 

ドライバーやウッドなどの飛距離に目が行きがちですが、

ご年配のベテランゴルファーさんと回ると、必ずしも飛ばし屋

ばかりではありません。

それなのに普通に80台で回る人はたくさんいるのです。

 

極端な話、飛距離に差がなくてもアプローチの差でスコアは

大きく違ってきます。

 

今でこそ、人並みくらいには飛距離が出るようになりましたが、

私より飛ばす人は大勢います。

 

私は非力なのでどちらかというと飛距離は出ないのですが、

私よりめちゃくちゃ飛ばす同年代のプレイヤーにはあまりスコアで

負けることはありません。

その理由は、やっぱりアプローチにあると考えています。

 

ゴルフ初心者はグリーンにのせるまでに打数を多くたたいている

グリーン回りまで順調にきていても、グリーンになかなか乗らず

行ったり来たりした経験はありませんか?

 

ゴルフ初心者の人は大体このパターンが多いです。

実は私も初心者時代に、グリーンの回りで行ったり来たりしていましたね 笑

 

短い距離なのになかなかのらないんですよね。

そりゃそうでしょう。練習していなかったわけですから!

打ち方すらわかりませんし、どれくらい飛ぶのかもわかっていませんでした。

 

グリーンを狙っているのにオーバーしてグリーンにのらず・・・

これを繰り返すわけですね。

 

せっかくグリーン手前まで順調にきても、アプローチが悪ければ全て

台無しになるんですね。

 

グリーンにのせた後もパターで打数を1~2打多くたたいている

何とかグリーンにのせたとしても、パットで打数を稼いでしまう

こともよくあります。

 

ピンそばに寄せるようなアプローチが打てないので、

グリーンの端っこからパターを打つことになる場合が多くなるのです。

 

基本的にパットは2パットでカップインさせます。

3パットは叩きすぎたとなります。

アプローチでピン近くに転がせれば、2パットで済む可能性も

大きくなりますが、距離が遠いと距離感もよくわからないので、

3パット・4パット叩くことになります。

 

アプローチはグリーンにのせる前にも、のせた後でも、

打数に大きく影響するということがお分かりいただけたのでは

ないでしょうか?

 

アプローチが上手くなると3~4打は縮められる

しかし、反対にこのアプローチが上手くなってくれば、1コースで3~4打は縮められる

可能性があるということですね!

 

グリーンにのせるまでに1~2打少なくて済みますし、パットも2パット

で済むかもしれない。

 

こういった理由から、ゴルフ初心者の人がスコアアップをするためには、

アプローチを練習した方が手っ取り早いわけですね!

 

考え方ひとつでスコアはよくなる?

アプローチを磨けば、スコアアップにつながるということはお分かりいただけた

かと思いますが、もう少しコース全体で考えてみましょう。

ある意味、ゴルフのスコアは考え方1つで縮めることが出来るのです。

 

これ(この考え方)、なかなか出来ていない人って多いんですよね。

 

ゴルフでミスをしないなんてあり得ません。これはプロでも同じですね。

ゴルフはミスをするんです。しかも頻繁にッ!

 

ただ、そのミスが致命的なミスになるのか?取り戻せるミスなのか?

という違いで、スコアに大きく影響するわけです。

 

ドライバーやウッド・ミドルアイアンは多少ミスっても問題ない

ここで想定として、450ヤードのミドルコースでのシュミレーション

をしてみましょう。

 

例えばドライバーでミスをしたとします。

トップしてあまり飛ばなかった・・・(150ヤードしか飛ばなかったとします)

 

残りはまだ300ヤードもあるわけですが、ここで7番ウッドかユーティリティ

を握ったとします。

調子が良ければ170ヤードくらい飛ぶとして、ここでもトップして

あまり飛ばなかった・・・(130ヤードしか飛ばなかったとします)

 

残り170ヤードありますので、7番アイアンを握ります。いつもなら

150ヤード飛びますがまたまたトップしてあまり飛ばなかった・・・

(120ヤードしか飛ばなかったとします)

 

残りは50ヤード。グリーン目の前です。ここでアプローチか

サンドウェッジを握りました。

いつも練習している距離です。いつも通り打てたので、ここでグリーンオン!

ピンから2メーターくらいのところにとまったとします。

 

ここまでをまとめると、以下のような状況です。

1打目:ミス ドライバーで150ヤード(残り300ヤード)

2打目:ミス 7番ウッドかユーティリティで130ヤード(残り170ヤード)

3打目:ミス 7番アイアンで120ヤード(残り50ヤード)

4打目:成功 アプローチかサンドウェッジでグリーンオン

 

パー4のミドルコースで、4オンとなってしまったわけですが、

2パットでもダブルボギー。1パットならボギーで上がれますね!

 

ちなみに、全18ホールダブルボギーなら108となります。

全ホールボギーなら90です。

(※パー72のコースとした場合です)

 

今のスコアより全然よくないですか?

私の考えは、ドライバーやウッド、ミドルアイアンならダフらなければOK!

としています。

 

ダフったら数メートルしか進まないのでダメですが、トップでとりあえず

100ヤードでも前に進めば、ダブルボギーで上がれる可能性が高いからです。

 

そして、ドライバーでOBの場合でもプレイング4という救済措置がコース

によってはありますので、ここからピッチングでワンオンできれば、

ボギーかダブルボギーであがれる可能性があります。

 

アプローチが一番狙う場所が狭いため大きなミスになりやすい

ここでグリーンのカラー手前、2メーターまで2打で順調にきたとしましょう。

アプローチでグリーンにのせようとしたところ、トップしてしまいグリーンをオーバー。

 

しかもそこにはバンカー。(グリーン回りはバンカーが多いでよね 笑)

バンカーから出すのに2打かかってしまい、やっと出してもグリーンの端っこ・・・。

ここで5オンとなるわけですから、2パットで入れれたとしても、トリプルボギーです。

 

アプローチの場合は、トップ自体が大きなミスに繋がりますし、

なによりピンを狙うわけですからドライバーなどよりも狙う的は凄く小さいのです。

 

同じトップというミスでも、アプローチとドライバーなどでは、

大きく意味合いが変わってくるんですね。

 

コツはウェッジの番手別に自分の飛距離を確認し把握しておくこと

ではこのアプローチですが、どのように練習していけばいいのでしょうか?

基本的な打ち方としては、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

関連記事:ゴルフ初心者はアプローチで失敗する?正しい打ち方でスコアアップ!

 

特に難しいことをするわけではなく、基本的なアプローチの打ち方を

ひたすら練習するのみです。

 

トップしないように、ダフらないように。

 

あとは、番手によっての飛距離を覚えておきましょう。

同じ力で、同じ打ち方で、距離は番手によって変えていけばいいのです。

 

スポンサーリンク

 

ピッチング・アプローチ・サンドウェッジでの飛距離はどれくらい?

練習場で、ウェッジの番手を変えて、それぞれの距離を把握してお行きましょう。

打ち方も、力も、振り幅も同じでいいです。

 

ちなみに私はウェッジはピッチングとアプローチと58°を使っています。

アプローチの距離はそれぞれ、

  • ピッチング:40ヤード
  • アプローチ:30ヤード
  • 58°:20ヤード

このような感じですね。(こちらの記事の動画のような打ち方での距離です

 

まずは、基本として各ウェッジの距離を自分なりでいいので、いつも同じ距離を

打てるように練習して覚えておきましょう。

 

(注:58°はかなり扱いづらいのでお勧めしませんピッチングとサンドウェッジだけでも十分です。)

 

9番アイアンや7番アイアンも実は使える!

ウェッジだけでなく、ショートアイアンやミドルアイアンも実はアプローチの時に

使うことが出来ます。

ちょっと打ち方変わるのですが、こちらの方が簡単かもしれません。

 

9番や7番アイアンを短く持って、パターのように構えます。

つまり、アイアンが立っている状態になるわけですね。

スイングをパターのように振ります。

 

こうすることで飛距離はあんまりでないですし、

ロフト角が立っているので、転がるような球筋で打つことが出来ます。

 

この打ち方はプロの人でもやっている人がいると聞きますね。

興味のある方はぜひ、練習場で試してみて下さいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゴルフ初心者の人であっても、考え方とアプローチ1つで

スコアアップは可能なんです。

 

ゴルフと言えば、ドライバーやウッドなど、長距離の練習ばかりしがちですが、

実はアプローチが凄く重要なんですね!

 

かつては私もドライバーばかり練習していましたので、気持ちはわかりますが 笑

このアプローチが上達してくると、チップインバーディーや、ベタピンで

楽々1パットの場面が増えてきます。

 

パーやバーディーの数が今までよりも増えてくると思いますよ!

ぜひ練習して各ウェッジでの飛距離を安定させ、スコアアップにつなげて下さいね!

 

関連記事:ゴルフ初心者はアプローチで失敗する?正しい打ち方でスコアアップ!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。