スポンサーリンク

 

ゴルフ初心者の人でドライバーの打ち方が全く分からないという人もいるかと思います。

ドライバーといえば、一番飛距離が出せるクラブですし、ティーアップして打ちますから、非常に打ちやすい状況下でのショットになりますよね。

しかし、飛距離が出るだけにちょっとしたミスが大きなミスになりかねないというリスクもあるわけです。

加えて、ゴルフコンペなどではみんなが見ている中でショットしなければいけませんし、実際その場面に立たされると私も今でも心臓バクバクで緊張してしまいます。

赤っ恥をかかないためにも、しっかりとポイントを押さえて練習をしたいものですが、どういった練習をすればいいのでしょうか?

どこに気を付ければいいのでしょうか?

今回はそんな疑問を解消していきたいと思います。

ゴルフ初心者の方は、是非とも参考にしてみて下さい。

 

ゴルフ初心者はどのようにドライバーを打てばいいのか?

ゴルフ初心者の人は、始めはアイアンとかで練習をすると思います。それも7番アイアンなどの中間の長さのアイアンですね。

しかし、近日中に職場の上司・先輩とゴルフ場に行く予定があったり、近々ゴルフコンペがあるという人もいるかもしれません。

そこで今回は、ゴルフ初心者がどのようにドライバーを振ればいいのか?どうすればミスが減るのか?どんな練習をすればいいのか?という事に焦点を当てて見てみたいと思います。

ゴルフ初心者の人は是非参考にしてみて下さい。

 

闇雲に練習してもドライバーは当たらない?ドライバーの練習方法を紹介

 

今回も、大変参考になる動画がありましたので、まずは動画を見てみましょう。

 

 

この動画ではドライバーの打ち方をSTEP1からSTEP5までに別けて説明されています。

練習する際は、このSTEPごとに練習していきましょう。そして各STEP毎にチェックポイントは説明してありますので、しっかりとそのチェックポイントを意識して練習するようにしましょう。

地道ですが、こういった練習を繰り返すことで、上達も早くなります。体に染み込ませていきましょう。

 

 

STEP1でのチェックポイントをおさらいしよう!

STEP1では、クラブのスイングを手打ちで振らないように体と一体感をもってクラブを振る練習を説明しています。

なかなか練習でクラブを短く持って練習することもないでしょう。しかも、ドライバーのグリップエンドをおへそに付けたまま打つ練習になります。そこから徐々にグリップエンドを離していきます。

この練習の効果は、体を回す動きでクラブを振る感覚を身に着けます。

ドライバーだけに限ったことではありませんが、クラブは手や腕で降るものではありません。体でクラブを振る感覚をしっかりと体に覚えさせましょう。

チェックポイントは、グリップエンドをおへそに向けたままボディーターンでクラブを振っていくということですね。

練習は小さい振り幅(腰の高さまで)で練習していきましょう。

 

STEP2でのチェックポイントをおさらいしよう!

STEP2では、腰の高さから肩の高さにかけてのスイングンの練習です。

肩の高さまで振り上げる際のチェックポイントは、クラブシャフトの角度と右肘の向きが下を向いているということです。

肩の高さまでバックスイングをもっていくと、手首を捻ったり左肘を曲げたりしがちですが、体を捻った力がクラブヘッドに伝わらなくなりますので、注意が必要です。

この肩から肩にかけてのスイングは非常に重要になりますので、100球を目安に練習をして体に覚えさせましょう。

 

STEP3でのチェックポイントをおさらいしよう!

STEP3では、STEP2までで作った肩の位置までのスイングからさらに体を回してトップの形を作る練習です。

動画でも解説してありますが、STEP2の肩の位置までの形をそのままに、背中を目標方向に向けるだけとなります。

この時に注意したいのは、体を回す際に右肘を引っ張ったり左肘や左手首を曲げないようにすることです。曲がってしまったり、右肘を引っ張ったりすると、力がクラブヘッドに伝わらないどころか、体ブレてしまったり、ダフリやトップの原因にもなります。

あくまでも体でクラブをスイングさせるので、肩までの高さまで振り上げたら、そこからは背中を目標方向に向けてトップの形を作るようにしましょう。またその際に、背中を目標方向に向けたときに、右膝まで一緒に引っ張られないようにすることも大事です。

また、クラブを短く持ってフェイス面を確認します。正しくバックスイングができていれば、フェイス面の角度が斜め上を向いていますので、短くクラブを持って確認しましょう。

 

STEP4のチェックポイントをおさらいしよう!

STEP4ではフィニッシュまでの形を覚えておきます。

チェックポイントは、右膝です。両足ともインパクトの瞬間まではべた足となります。

インパクトの後にクラブに引っ張られる形で右足が動いていきます。インパクトの時に右足が動いたりしないように注意しましょう。

また、おへそは目標方向及びさらに左に向くようにフォローしていきます。最後まで体を回し切りましょう。

シャフトも耳を貫くように横を向いた形になりますので、しっかり最後までチェックしましょう。

 

STEP5では一連の流れで振ってみる!

STEP5ではこれまでの動きを一連の流れの中で行っていきます。

動画では各方向からドライバーを振っている動画を確認できますので、練習の時に自分のスイングをスマホのカメラ機能で動画を撮ってみるのも一つの方法です。

自分のスイングを動画に撮って比べてみましょう。

 

ドライバーの時のスイング以外の注意点を確認しよう

 

スポンサーリンク

 

ドライバーのスイングについては、この動画で各STEP毎にチェックしていきましたが、その他に注意点などがありますので、ここからはスイング以外についてみていきましょう。

 

ボールの位置はどこにおくのか?

ドライバーは基本的に最初にティーアップして打っていきますが、体に対してどの位置にセットするといいのでしょうか?

動画のSTEP5でも確認できますが、基本的には左足の前くらいにセットします。

「ゴルフ ドライバーショット 画像」の画像検索結果
引用元:scontent.cdninstagram.com

こんな感じですね。

私はもう少し左足側にセットしますが、人によって個人差があると思いますので、真っすぐ飛んでいく位置を自分で探ってみましょう。

ちなみに中央に寄りすぎると、クラブヘッドのフェイス面が真っすぐ向く前にボールを捉えてしまって右方向に飛び出したり、スライスになったりします。

 

目線はボールではなく最下点を見る

これは私が気を付けているポイントになるのですが、ドライバーの場合はクラブヘッドが最下点を過ぎてからボールにコンタクトしていきます。

%e6%9c%80%e4%b8%8b%e7%82%b9

こうすることによって、下からボールを打ちに行きますのでボールが高く上がり、飛距離も出せるようになります。

この時にボールを見ながらダウンスイングをしていくと、ボールに対してクラブを打ち下ろしていきやすくなるので、最下点でボールにコンタクトしようとしてしまいます。

ですので、最下点に視線をおいてスイングしていけば、最下点に向かってダウンスイングしていき、結果その先にあるボールに下からコンタクトしやすくなります。

一度試してみてください。

 

ティアップの高さはどのくらいにすればいいのか?

ティーを指してボールをセットしますが、どれくらいの高さにセットすればいいのでしょうか?

これは人によって様々好みがあるかと思いますので一概に言えないのですが、初心者の人は見当もつかないと思いますので私のセットアップの方法を説明します。

私の場合は、ボールの高さまでティーを差し込みます。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

なぜこの高さにしているかというと、いつも行っている練習場のゴムのティがこの高さだったからです。

それで練習しているので、本番でも同じ高さの方が「練習と同じ高さだ!」と、精神面でも安心できますからね。

ただし、先ほども言ったように人によって様々ですので、高さが全く分からない人はこれくらいの高さから始めてみて、徐々に自分の高さを見つけていくといいかと思います。

 

まとめ

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

今回はゴルフ初心者の人がドライバーで打つ方法や練習方法について見ていきました。

ドライバーは一番長いクラブですし、その分一番飛距離が出るクラブになりますが、ミスが出やすかったり大きなミスにつながりやすいクラブともいえます。

ドライバーでOBなど連発してしまうとテンションも下がりますし、スコアも大変なことになってしまいます。

ましてやゴルフコンペなどであれば、同伴者のみならず他の人たちが見ている前で打つような状況にもなりますので、緊張しながら打たないといけません。

練習場で地道に練習をして、飛距離は出なくてもいいので真っすぐ飛ぶように(OBにならないように)まずは練習しましょう。

飛ばそうと思ってスイングすると、大体はうまくいかないものです。

逆にドライバーでそこそこ真っすぐ打てると、そのあとのプレイが気持ちよくできるのも事実です。

飛ばすことよりもミスにならないようにドライバーを練習しましょう。

 

飛距離を出したい方には、こちらがおススメです^^
ドロー飛距離アッププログラム

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。