アイアンは一番使用する頻度が多いクラブです。

このアイアンがうまく使えないと、ゴルフのスコアは纏ってきません。非常に重要なクラブといえます。

ゴルフ初心者であれば、まずはこのアイアンから練習していくことになると思いますが、闇雲に練習をしていても中々上達しないと思います。

今回はゴルフで一番使用するクラブであるアイアンについてです。

今回も参考になる動画を紹介しますので、正しい練習方法を知って、正しい打ち方で繰り返し繰り返し何度も練習しましょう。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

関連記事:ゴルフのアイアンの飛距離が出ない?ダウンブローで解決できる?

 

アイアンの正しい練習方法を動画で確認しよう

「女子ゴルファー 画像」の画像検索結果
引用元:chikyu-sanpo.up.n.seesaa.net

 

それでは早速、アイアンの正しい練習方法を学んでいきましょう。

基本的にアイアンは飛距離を出すクラブではなく、狙ったところにボールを運ぶクラブとなります。

ステップごとに注意点を意識しながら、力まずに練習していきましょう。

 

 

STEP1 膝から膝のスイングでボールの飛び出しが真っ直ぐになるように練習する

最初のステップでは、膝から膝のスイングで練習していきます。

その時に、ガイドラインを設置しましょう。

余っているアイアンをボールの前後に並べます。バックスイングの時はこのガイドラインの上に振ったクラブが来るようにし、ボールを打った後はボールがガイドラインの上を通るように打っていきます。

ボールを打った後のクラブはガイドラインから少し左側に向くようになってOKです。

ボールがガイドラインの上を真っ直ぐに飛んでいくようにすることが大切です。

どのクラブを振るときも当てはまることですが、左肘を曲げないように注意しましょう。左肩と右肩とグリップ(両手首)が作る三角形の形を崩さないようにすることがポイントです。

地味な練習ですが、しっかりと数をこなして体に覚えさせましょう。

 

STEP2 腰から腰のスイングで練習をしていく クラブのグリップで正しく振れているか確認しよう

次のステップでは、腰から腰のスイングで練習していきます。

同じようにガイドラインを設置しますが、今度はボール飛び出し方向は同じように設置しますが、バックスイングをする方は、アドレスで構えた時に右肩の下に来るようにガイドラインを設置しましょう。

そしてバックスイングを腰の高さまでした時に、ガイドラインと振り上げたクラブが平行になっているか確認してください。(上から見たときに重なっていればOKです)

併せて、左手のグリップを中指だけで支えてみて下さい。

クラブを落とさなければ正しくバックスイングが出来ています。

STEP1と同じように、手首を使わずに両肩とグリップ(両手首)が作る三角形を崩さないように腰まで振り上げれば自然と出来ると思いますので、難しく考えないようにしてください。

そこまで確認できたら、中指だけで支えることを意識しながらボールを打っていきます。左肘を曲げないように体を回して打っていき、ボールがガイドラインの上を真っ直ぐ飛んでいくように打っていきましょう。

 

STEP3 肩から肩のスイングでシャフトラインを確認する練習をする

次のステップではシャフトラインを確認していきます。

このシャフトラインというのは非常に大切です。ボールに対して体の前傾姿勢の角度がズレていないか、ボールに対して自然なバックスイングが出来ているかを確認できますので、しっかり体に覚えさせましょう。

やり方は、クラブの真ん中あたりをグリップして行います。

クラブの真ん中あたりをグリップして肩から肩のスイングでバックスイングをとってみると、シャフトのグリップ部が、ボールの後方を差すようになっていると思います。

ここでも分かりやすいようにガイドラインを使用しますが、STEP1と同じようにボールの前後に設置しましょう。

肩までバックスイングを取った時に、シャフトのグリップ部がボールの後ろ側に設置したガイドラインを差していればOKです。

あとは左肘を伸ばしたまま体の回転でスイングしていきます。

ボールの飛び出しをボールの前方に設置したガイドラインで真っすぐ飛んでいるか確認しましょう。

この練習は非常に重要です。何回も反復して体に覚えさせましょう。

 

STEP4 トップからフィニッシュまでのスイングで練習する

トップ(バックスイングして最後に構えたところ)の位置としてはSTEP3で肩までバックスイングを取りましたが、そこからもう少しだけバックスイングの位置を持っていく感覚で大丈夫です。

というのも、アイアンは基本的に方向性を重視したクラブになりますので、距離を出すというよりも決まった距離を真っ直ぐ打てるということが重要になります。

距離は番手を変えて調節していくことになりますので、飛ばそうという意識は無くしてください。

そしてフォローからフィニッシュまでの形は、スイングしてフォローに入り、最後はクラブヘッドの重みで体が最後まで回っていき、フィニッシュの形を作っていくような感覚です。

クラブヘッドの重みに引っ張られていくような感覚が掴めればいいフォローの形が取れているということを覚えておきましょう。

そして、足も重要になります。

インパクトの後は、クラブヘッドの重みに引っ張られて体が回転していき、右膝が左膝に近付いていくように意識しましょう。

その形が出来れば、しっかりと左足に体重が乗ることになりますので、力強いスイングが出来ていると思います。

スイングも決して腕で振りにいかないようにすることが大切です。

そのためには左肘を曲げないようにバックスイングをとって、左腕を伸ばしたまま振っていきましょう。

飛距離を出そうと思うと、腕で振りにいこうとしますので、あくまでアイアンは方向性を重視したクラブということをしっかり意識して練習しましょう。

 

STEP5 STEP1~4までを一連の動きの中でスイングしていく

最後は、STEP1~4までのチェックポイントを押さえながら一連の動きの中でスイングしていきます。

どのクラブもそうですが、前傾姿勢の角度と膝の角度や方向が変わらないように注意が必要です。

腕やスイングばかりに気を取られすぎると、体全体のバランスに注意が向かなくなり、体がブレた状態でスイングしがちです。

まずは体がブレないようにしっかりと意識しながら、ステップごとの注意点を確認しながら練習していきましょう。

 

アイアンでのボールポジションとクラブの最下点の位置を知ろう

 

スポンサーリンク

 

それでは、アイアンでボールを打つ際に他に注意することについて見ていきます。

ポイントは大きく分けて2つです。

1つ目はボールポジション。

2つ目はクラブの最下点の場所です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

アイアンでのボールポジション

アイアンでボールを打つ時のボールポジションは、真ん中からやや右足側にセットするのが基本です。

 

「アイアンショット 画像」の画像検索結果
引用元:image.alba.co.jp

 

ドライバーであれば左足の前くらいになりますし、フェアウェイウッドの場合は真ん中よりやや左足寄りにセットしますが、アイアンの場合は真ん中よりやや右足側となります。

※右利きの人の場合となります。

この理由としては、次のアイアンの最下点の場所に繋がっていきますが、ここでは基本的にアイアンの場合は真ん中より右足側にボールをおくという事を覚えておきましょう。

ただし、ロングアイアン(3番 4番 5番)であれば真ん中にセットしてもいいかもしれません。

自分に合った場所を探しながら練習してみてください。

 

アイアンの最下点の場所

アイアンでボールを打つ時は、クラブヘッドの重みを感じながらダウンスイングしていくようなイメージで打っていくといいと思います。

そして、その重みを感じながらクラブを降ろしてきた時に、ボールの先に最下点をもっていくようにスイングしていきます。

「アイアンショット 画像」の画像検索結果
引用元:golf-jalan.net

 

この画像のようなイメージです。

動画のSTEP5でも確認できると思いますが、アイアンではクラブの最下点をボールの先にもってくるようにスイングします。(動画ではボールの先の芝がえぐれる様にスイングしています)

このため、ボールのポジションは真ん中よりもやや右足側に寄せてセットするわけですね。

アイアンのスイングで最下点を自分の正面(つまり真ん中)に落としていきますので、ボールはやや右足寄りにセットすれば、自然とボールの先に最下点がくると思います。

ただし、人によって個人差もありますし打ちにくい・打ちやすいというのもあるでしょうから、場所を変えながら自分に合った場所を探してみるといいでしょう。

 

まとめ

 

「女子ゴルファー 画像」の画像検索結果
引用元:deanyamamoto.up.n.seesaa.net

 

いかがでしたでしょうか?

アイアンはプレー中に一番使用するクラブです。

アイアンの目的は、狙った番所にボールを運ぶこと。これがある程度打てるようになってくれば、スコアも大方固まってきます。

最初はロングアイアン(3番・4番・5番)は中々振れないと思いますので、7番アイアンくらいを練習するといいと思います。

飛距離は人によって様々です。無理に飛距離を出そうと練習するのではなく、〇番のアイアンなら〇ヤードといった感じで、自分の飛距離をアイアンの番手別に把握しておきましょう。

そしてその狙った距離をいつも打てるように練習しましょう。

練習場で隣で打っている人が飛ばし屋だった場合、「よしっ!自分も!」と思って力んでしまうと全くうまくいきません。

人には人の飛距離があるように、自分にも自分なりの飛距離というものがあります。ほかの人に流されないように、しっかりとボールに当てる練習と自分が設定した飛距離を出せるようにすることが最も大切です。

いつしかそれが自分の武器になってきますので、焦らずに愚直に練習を重ねていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。