Pocket

バンカーショットの練習は

打ちっ放し場では出来ないので

不安になるゴルフ初心者も多いでしょう。

 

しかしポイントさえ押さえておけば

バンカーはそんなに恐いものでは

ありません。

 

また、バンカーならではのルール

あるのですが、

それを知らない初心者ゴルファーも

いる思います。

 

ルールも知って楽しく

ラウンドしましょう!

 

バンカーでのルールとは?

まずはバンカーにボールが入ったときの

ルールを知っておきましょう!

 

これを知らないとペナルティと

なりますのでしっかり覚えておきましょう。

 

バンカーではアドレスの時にヘッドのソールを砂につけてはいけない

バンカーではクラブのソールを

砂に付けてはいけないというルール

があります。

 

ソールとはクラブの底面です。

ここがソール

つまり、普通にフェアウェイやラフから

打つように、ボールの手前にクラブを置いて

構えてはいけないということです。

バンカーにソールをつける

 

これをやってしまうと罰2打のペナルティ

が与えられます。

 

バンカーから打つときはソールが砂に

触れないように浮かせて構えるように

しましょう。

 

ちなみに、一回でバンカーから出なかった

場合に、悔しくてクラブを叩きつけたり

しても、同じ2打罰となります。

 

ボールを打ってバンカーから

ボールが出るまでは絶対にクラブを

つけないようにしましょう。

 

また手で砂を触ってもいけませんし、

バックスイングの時にソールが砂に

触れても同様の罰則が与えられます。

 

バンカーショットが終わったらレーキでならしておくのがマナー

バンカー内のボールの場所に移動した際

足跡がつきますね。

 

またバンカーショット後はボール付近の

バンカーにも打った跡がつきます。

 

こういった足跡や打った跡はレーキを

使って綺麗にならしておくのがマナーです。

 

これがレーキ

 

最近ラウンドしていて感じますが、

バンカー内をレーキでならさずに

そのままにしている人が多いように

感じます。

 

しっかりマナーを守って他のプレイヤー

に迷惑がかからないようにしましょう!

 

バンカーショットの打ち方は?

それではここからはバンカーショットの

打ち方について解説していきます。

 

バンカーに対して苦手意識を持っている

人もいるかもしれませんが、そこまで難しく

考える必要はありません。

 

使うクラブはサンドウェッジ

まず使うクラブは基本的には

サンドウェッジを使用します。

 

サンドウェッジ

サンドウェッジでないと絶対にダメッ!

という分けではないのですが、

特にガードバンカーでは

サンドウェッジの方がいいですね!

 

ガードンカーとはグリーン周りのバンカーで

フェアウェイバンカーはフェアウェイの

途中にあるバンカーのことです。

 

管理人はフェアウェイバンカーからだと

距離に合わせてウッドなどで打つことも

あります。

 

初心者ゴルファーはフェアウェイバンカー

に入ったとしても、サンドウェッジで一度

外に出してからプレーした方が無難です。

 

「バンカーショットは打ち込めッ!」は間違い!?

管理人がゴルフをやり始めたときに、

先輩ゴルファーの方たちから、

「バンカーショットは思いっきり打ち込めッ!」

と教えられました。

 

言われたとおりに一生懸命に打ち込んで

いるのですが、全然出てくれないのです!

 

バンカーショットにはコツがあり、

思いっきり打ち込むだけではダメです。

 

打ち込んだあと、しっかりと

振り上げて下さい。

 

振り上げることでボールがバンカーから

飛び出していくので、

【思いっきり打ち込んでしっかり振り上げる】

これがバンカーショットの打ち方です。

 

バンカーショットはボールの真下のティーを狙う!?

バンカーショットの簡単でわかりやすい動画

がありましたので参考にしてみて下さい。

動画のように、バンカーショットでは

ボールの手前にクラブを打ち込んで

いきます。

 

管理人の場合はボールの下にティーが

あるとイメージしてそのティーを

打つようにしています。

 

バンカー イメージ ボールの下のティー

自分なりにイメージしやすい状況を想定して

打ってみて下さいね!

 

また、クラブのフェースを開いて

打つようにします。

 

まずは動画を見てみて下さい。

 

 

 

ゴルフではフェイスの開きや

スイングの振り幅を、時計の文字盤

に例えることがよくありますので

覚えておくといいですよ^^

 

12時の向き

1時の向き

2時の向き

基本的に開きすぎると打ちにくいので、

フェースは1時の方向くらいに開きます。

 

そして、開いたフェースの方向にボールが

飛んでいくので、立ち位置も合わせて

開きます。

 

開いたフェースが目的の方向に向くように

立ちましょう。

 

バンカーショットの時の距離感はどうなの?

当然ですがバンカーショットでは

飛距離が落ちます。

 

これは砂ごと持ち上げるような感じに

なるためですね。

 

じゃあどれくらいの強さで

打てばいいのでしょうか?

 

これには個人差があるかと思いますが

管理人は通常のフェアウェイから打つ時の

2倍くらいの力で打つように

イメージしています。

 

つまり、ピンまで残り30ヤードで

バンカーに捕まった・・・。

ここからピンまでの距離を60ヤード

とイメージして打っていこう!

 

こんな感じでバンカーショットは

打っています。

 

フェースも少し開いているので

打球としては上にあがる球筋になります。

 

その分飛距離も短くなるので

恐れずにイメージ通りに

打っていきましょうッ!

 

バンカーショットのまとめ

c5b8f53440570be2ebcd11a469ef52c8_s

バンカーショットの時にはルール

あります。

  1. ソールを砂に接触させない
  2. 手で砂を触らない
  3. バックスイングでもクラブが砂に接触しない
  4. 足跡と打った跡はレーキでならす

砂に触れると2打罰となりますので

しっかりルールを覚えておきましょう!

 

またマナーも守って他のプレイヤーに

迷惑をかけないようにしましょう!

 

バンカーショットの打ち方は

基本的にはサンドウェッジ

使ってショットします。

 

フェースは大体1時の方向に開いて

開いたフェースが目的の方向に向く

ように立ち位置で調整します。

 

ボールの下にティーがあると

イメージしてそのティーを打っていく。

 

そして、【打ち込んで振り上げる】

ようにスイングしていきましょう!

 

距離感は、フェアウェイから打つ時の

2倍くらいの強さで打ちます。

 

バンカーショットでは躊躇すると

出ないことが多いのでしっかりと

振ることが大切です。

 

自信を持ってショットして下さいね!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事