Pocket

 

「デーティングアプリ」という言葉を

あまり聞き慣れませんが、ここ最近急激に

人気が出てきている婚活・恋活アプリです。

 

もともとは2016年にアメリカの

ニューヨークやロサンゼルスで使われていて

2017年11月に東京でリリースされたそうです。

 

最近は大阪や福岡でもリリースされ、

かなりの人気ぶりのようなので

管理人も登録をしてみました(笑)

 

まだ日本でリリースされてから

1年もたっていませんが、

製作コンセプトが人気の理由のようです。

 

今回はまだ比較的新しいデーティングアプリ

【Dine (ダイン)】について詳しく書きたいと思います。

 

 

デーティングアプリ【Dine(ダイン)】のコンセプトとは?

デーティングアプリ【Dine 】のコンセプトが

凄く魅力的なんです。

100回のメールよりも、1回のデートを。

 

Dineは、気になる人と「会うこと」にフォーカスした新しいデーティングアプリです。

これまでのマッチングアプリでは、お互いが「いいね」をしてマッチングした後、

長期間にわたるメールのやり取りが発生し、

その過程でいいねした人との会話も途切れてしまっていました。

会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

Dineでは、気になってマッチングした人とは、1時間でも良いので、

まずお会いしてみることを推奨しています。

オシャレなレストランやカフェで、美味しいものを食べながらお話しすれば、

メールではわからなかった相手の魅力が見えてくるはずです。

Dine公式サイトより引用

確かに人の印象というのは、

会って話してみなければ

わからないことってたくさんありますね。

 

『まずは会ってみる』

 

ということにフォーカスした

アプリなんですね!

 

 

Dineは出会うための工夫が施されたアプリ

実際にDineに登録してみると

わかるのですが、『出会うための工夫』に

気付くと思います。

 

後ほど登録方法にて説明しますが、

今まで使っていたアプリにはない

機能が搭載されていました!

 

コンセプト通りのアプリを

体験することができるはずです。

 

仕事で忙しい人でもできる恋活アプリ!

Dine は『仕事で忙しく出会う暇がない』

という人にぜひ試していただきたいアプリです。

 

というのも、Dineには毎日定刻に

あなたにおすすめのお相手と

そのお相手が行きたいお店が

紹介されます。

 

つまり自分で相手を探さなくても

Dineが相手を見つけて紹介してくれるわけです。

 

相手を紹介してくれるアプリは

他にもあると思いますが、

『行きたいお店』も合わせて

教えてくれるのは他にはない

サービスだと思います。

 

場所まで決まっているのなら

メッセージのやりとりの時間も

不必要になってきます。

 

言うなれば『話が早い』恋活アプリ

というわけですね!

 

 

Dine(ダイン)の登録方法は?

 

 

それでは実際にDineに登録してみましたので

興味のある方は参考にしてください。

 

アプリのインストールと登録は

無料でできますので安心してくださいね^^

 

登録していくとわかりますが、

『出会うための工夫』が

わかってくると思います。

 

その点も合わせて説明していきます。

 

Dineの登録のすごく簡単!

Dineの登録はすごく簡単で、

数分で終わります。

 

①App StoreかGoole Playからアプリをインストール!

お持ちのスマホでDineアプリをダウンロードします。

アプリのインストールはこちらからできます。
デートにコミットする【Dine-ダイン-】

 

 

touroku1

 

②FacebookかTwitterかSMSで始める

FacebookかTwitter、もしくはSMSで

始めます。

 

今回はFacebookのアカウントで登録をしてみます。

『Dineを使っていることはSNSに表示されません』

と書かれていますので、安心して使用できますね!

 

また忘れずに利用規約とプライバシーポリシーにも

目を通しておきましょう。

touroku2

 

touroku3

 

③名前や生年月日などの基本情報を入力する

基本情報を入力していきます。

Facebookで始めたせいか、

自動的にメールアドレスは入力されていました。

楽ですね(笑)

 

touroku4

④お店を選択する!?

ここからがDineの面白いところで、

地域とお店を選択します。

 

Dineのコンセプトでもある、

気になる人と「会うこと」にフォーカスした

デーティングアプリたる所以ですね!

 

まずは、地域を選択します。

 

現在は東京・大阪・福岡となっていますが、

他の地域も「事前登録」から登録できそうです。

 

おそらくこれからさらに多くの地域が

登録されていくことでしょう。

 

touroku5

 

お店を選んでいきます。

思っていた以上に数が多く、簡単にどういったお店かも

わかるようになっています。

 

和食なのかイタリアンなのか焼き鳥なのか、

また、横に¥マークが4段階で表示されています。

 

おそらくそのお店の金額設定を表示している

のだと思います。

 

また、右下の虫眼鏡マークをタップすると

お店までのアクセスも表示してくれます。

 

気になったお店を選択しましょう。

知っているお店があるのであれば

雰囲気もわかりますし、落ち着いて

デートに臨めますね。

 

選ぶお店の数は3つ以上でも選べるようです。

管理人は和食や焼き鳥、イタリアンなど

種類が被らないように5つのお店を選びました。

 

登録した後でもお店を選び直すことも

できますので、サクッと選んでみましょう。

 

touroku6

 

⑤プロフィールの写真を登録する

次にプロフィールの写真を登録します。

6枚の写真を登録できますが、

1枚じゃダメなの!?と思ってしまいます。

 

touroku7

 

しかし、写真の枚数が多いほどマッチング率が

上がるというアドバイスをDineがしてくれます。

 

後からでもいいので、できるだけ多くの写真を

登録して少しでもマッチング率を上げる努力を

しましょう。

 

また、簡単にですがマッチ率を上げる写真が

どんなものかもDine が教えてくれます。

IMG_0186

これらを参考にして登録する写真を

増やしていきましょう。

 

⑥最後に詳細なプロフィールを入力する

最後に細かいプロフィールを入力していきます。

この部分をしっかり入力しておくと

デート率が圧倒的に高くなるようですので、

「面倒だな・・・」と思わずに、しっかり入力しましょう(笑)

 

touroku8

 

↓ Dineの登録はこちらからできます ↓

Dine(ダイン)

↑ Dineの登録はこちらからできます ↑

 

Dineの料金はいくらぐらいなの?

これまで登録を行ってきましたが、

ここまでは一切料金はかかりません。

 

また登録後にアプリを開いてみると

登録されているお相手の女性が

紹介されています。

 

お相手の自己紹介文などを

閲覧しようとするとぼやけて見られなく

なっていますので、ここか先は料金が

発生するということでしょう。

 

その料金設定はどのようにするかというと、

画面左上にあるメニューを開いて

【ショップ】と書かれているところを

タップします。

 

すると下記のような画面が表示されます。

IMG_0187

 

Dine GoldとDinePlatiumと二つありますが、

Dine Platiumはよりプライバシーに配慮した

プランになります。

 

どちらとも金額設定は以下の4通りです。

 

  • 1ヶ月プラン:6,500円/月
  • 3ヶ月プラン:4,800円/月(毎月1,700円お得)
  • 6ヶ月プラン:3,800円/月(毎月2,700円お得)
  • 12ヶ月プラン:2,900円/月(毎月3,600円お得)

 

IMG_0200

アプリ自体に書かれていますが、

Dineは安くはないが高品質なデート機会を

提供できるということです。

 

6ヶ月プランが一番人気とのことなので、

このプランに登録する人が多いのかもしれません。

 

ただ、使ってみるまではわからないので、

個人的には1ヶ月プランで試してみて

楽しめそうなら6ヶ月プランや12ヶ月プランに

変更するといいと思っています。

 

まとめ

デーティングアプリというちょっと新しい

恋活・婚活アプリの【Dine(ダイン)】について

調べてみました。

 

Dineのコンセプトは【100回のメールよりも、1回のデートを。】

ということで、『出会うこと』にフォーカスした

アプリになっています。

 

今まで上手く出会えなかった人や、仕事が忙しくて出会う暇がない

という人には重宝するアプリではないかと思います。

 

他のアプリよりも『出会うまでが早い』と思いますので、

なかなか出会いがない人は試してみる価値がありそうです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事