スポンサーリンク

 

忘年会などの席で、乾杯の音頭を任された時どういった

挨拶をするといいのでしょうか?

 

何度も挨拶をお願いされて慣れている人は、

スラスラ〜っと流暢に話していますが、あれは本当に凄いですよね?

人によっては軽く笑いも取れるような挨拶をされる方もいます。

 

今回は、忘年会の挨拶を任された時、どういう風に挨拶をすればいいのか?

ちょっと笑いが起きるような挨拶の例はないのか?

というテーマに焦点を当てていきたいと思います。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 

忘年会などの乾杯の挨拶何を話すべき?

 

忘年会の乾杯の挨拶では、基本的に何を話すといいのでしょうか?

これは状況にもよりますが、基本的には今年の振り返りや反省点、

来年に向けての抱負などを簡単に短くまとめて話すというものでしょう。

 

しかし、忘年会の始めの挨拶を他の人が行った場合、

大体そのような内容の挨拶をしているケースがほとんどだと思います。

内容が被ってしまいますし、話が長くなると逆にしらけてくるので、

状況によって使い分ける事が必要です。

 

忘年会の「始めの挨拶」と「乾杯の挨拶」を兼ねる場合

また、反対に忘年会の初めの挨拶と乾杯の挨拶を兼ねる

ケースも多いと思います。

こういった場合の挨拶としては、しっかりとした挨拶を

いた方がいいでしょう。

 

忘年会や新年会というのは、1年の終わりや始まりといった

大事な場ですから、始まりと終わりはきちっと締めるべきなのです。

 

不思議なもので、始まりと終わりの挨拶がダラダラしたりふざけ過ぎた内容だと、

その飲み会自体の質が悪くなるような印象を持つものなのです。

 

状況によってしっかりと使い分けていきましょう。

 

忘年会の乾杯の挨拶だけを行う場合は?

では忘年会の乾杯の挨拶だけを行う場合はどうなのでしょうか?

 

先ほど言ったように、飲み会の始まりと締めの挨拶はきちっとした

内容の挨拶がいいです。

 

続いて乾杯の挨拶を行う場合は、まじめな挨拶はもう終わっているので

少し面白い内容の挨拶をした方がいい場合もあります。

そして、長くならないようにするのがポイントですね!

 

忘年会の乾杯の挨拶(テンプレート)

スポンサーリンク

それでは具体的に、乾杯の挨拶の例を見ていきましょう。

 

一応、【真面目な挨拶編】と【ちょっと笑いが起きる編】を考えてみましたので、

状況に応じて参考にしていただけれと思います。

 

乾杯の挨拶【真面目な挨拶編】

 

〇〇課の〇〇です。

僭越ではありますが、乾杯の音頭を取らせていただきます。

皆さん、今年1年、本当にお疲れ様でした!

来年は今年以上に盛り上げていき、必ずいい結果を残しましょう!

それではご唱和ください。 乾杯!

 

 

 

お疲れ様です!

今年は本当に大変な1年でしたが、何とか皆で力を合わせて乗り越えることが出来ました!

この皆さんの努力は、必ず来年・再来年の結果へと繋がります。本当にお疲れ様でした!

今日は今年1年の締めくくりです。存分に楽しんでおいしいお酒を飲みましょう!  乾杯!

 

 

 

皆さん、今年1年本当にお疲れ様でした!

年々厳しい状況ではありますが、一丸となってこの苦境を乗り越えていきましょう!

ひとまずの区切りとして、今日は存分に楽しみ、明日からの活力としていきましょう! 乾杯!

 

 

 

 

僭越ながら乾杯のご挨拶をさせていただきます。

皆さん今年1年お疲れさまでございました。

先の見えない不景気の中、本当に苦しい1年でした。

しかしそれでも、今日この場に皆さんと集まって忘年会を行えるというのは、

諦めず頑張ってきた結果だと思います。

来年は今年以上に、いい成績を残せるように頑張りましょう!

それでは。 乾杯!

 

 

 

乾杯の挨拶【ちょっと笑える挨拶編】

 

皆さん、1年間本当に疲れ様でした!

皆んの顔を見ていると、1年間やり切ったという顔や、早くも来年に向けて頑張ろうという

決意の顔、そんなことはどうでもいいから早く飲ませろという顔、

様々な表情がうかがえます。

今日は思いっきり飲んで、思いっきり楽しみましょう! 乾杯!

 

 

 

 

忘年会というのは、今年1年を振り返り労うものです。

昔の偉大な偉人はこのような言葉を残してくれました。

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。

踏み出せばその一足(ひとあし)が道となり、その一足が道となる。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。」

乾杯!

 

 

 

 

皆さん、今年1年お疲れ様でした!

今日は忘年会ということで、楽しくお酒を飲んでいただいて構いませんが、

他人はともかく私にだけは迷惑をかけないように盛り上がってくださいね!

それでは 乾杯!

 

 

 

 

皆さんお疲れ様です。

先ほどのご挨拶にもありましたように、この忘年会は無礼講です。

ではあるものの、私は来年の査定を視野に入れて飲みたいと思います!

それでは!自己責任でッ! 乾杯!

 

 

まとめ

 

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

 

忘年会の時に乾杯の挨拶などを頼まれた時は、状況に応じて使い分ける必要があります。

忘年会の初めの挨拶も兼ねる場合は、1年の振り返りと共に、参加者を労う言葉を添えて

乾杯しましょう。

 

乾杯の挨拶だけの時は、少し笑えるような挨拶でもいいかもしれません。

時事ネタなんかを取り入れて挨拶できれば、結構ウケがいいかもしれませんね。

(無礼講ではありますが、一線は超えないように!)

(僭越ではございますが、幹事殿より「乾杯の挨拶をやれ!このハゲ~」と言われましたので・・・)

 

しかし、初めて乾杯の挨拶をするのであれば、まじめな挨拶を無難にした方がいいかもしれません 笑

「長くなり過ぎない」ことだけ注意していれば、そんなに難しくはないので頑張ってくださいね!

 

スポンサーリンク