スポンサーリンク

 

アイアン飛距離が人より飛ばなくて困ることないですか?

実は私もアイアンが人より飛ばなくて悩んでいる一人です。

アイアンはすべてのコースにおいて使う頻度が高く、特にゴルフ歴が浅いと7番アイアンなどは

頻繁に使いますよね?

その7番アイアンが当たらなくて困っていたんです。

 

ウェッジはそれなりに当たるのですが、7番アイアンあたりから自信を持てなくなってしまいました。

今でこそスコアは100を切れるようになりましたが、それでも未だに7番アイアンが怖いんです。

ホントに調子が悪い時は、スライスが出てしまったり、とにかくまともに当たらない・・・

それでもアプローチ次第でスコアは100を切ることはできます。

しかし、7番アイアンがしっかり当たれば更にスコアアップできますし、プレーが楽になるんですよね。

 

今回は私と同じようにアイアンで悩む人に朗報です!

ダウンブローって聞いたことありますか?

 

聞いたことはあるようなないような・・・

詳しくは知らないな・・・

 

そんな感じの人はぜひ読んでいただきたいと思います。

アイアンの打感が劇的に変わる可能性がありますよ!

もちろん飛距離も高さも変わりますし、今までアイアンで悩んでいたことが解消できるかもしれません。

正しいダウンブローの打ち方を学んで、スコアアップ、そして100切りを目指しましょう!!

 

アイアンが当たらない・・・まずは理由を考える!

ますはなぜアイアンが上手く当たらないのか、理由を知る必要があります。

改善するにも原因や理由がわからないと、改善できませんからね。

 

ただ、当たらない原因や理由は人それぞれ違います。

そこで今回は「私の場合」ということで書いていきますが、

この記事を読んでくださっている人も、自分に置き換えて分析してみて下さいね!

ゴルフに限らずですが、「なんか〇〇な感じがするんだよな・・・」という

自分にしかわからない感覚は非常に大事です。

しっかり自己分析をしていきましょう!

 

7番アイアンくらいからスライスが酷い

私の場合は、7番アイアンくらいからスライスが酷く出るようになります。

悪い時はシャンクのような打球が飛ぶんですが、厳密にはシャンクではありません。

完全にクラブヘッドが返っていない感覚があります。

当初、スイングがアウト・インになっているからだと思っていたのですが、

それも一つの原因ではあります。

当然、スイングを意識して調整するのですが、今度はクラブヘッドが走っていない

感覚があり、まっすぐ飛んでも力のない感じの打球しか飛ばないんです。

 

クラブヘッドがボールの下を潜り抜けいる感触がある

力のない球が飛んでいるわけですが、どうもクラブヘッドがボールの下を潜り抜けている

感触があります。

アプローチのような感じですね。

フワフワっとした打球が飛んでいくんです。

当然距離は出ませんし、アゲインストの場合は人よりも押し戻されてしまいます。

 

体の開きやフェース面が極端に寝ているのかとも思いましたが、

どんなに試行錯誤してみても、これと言って改善されない・・・そんな状況でした。

 

7番アイアンが上手く当たらない原因をまとめると・・・

私の場合は、どうも体の開きが早いことと、クラブヘッドが寝たまま振っているように

感じます。

この条件が揃うと、シャンクのような打球が飛んだり、力のないフワッとした打球が飛んで、

よくてもスライスの打球で飛距離も出ないような感じみたいですね。

 

皆さんも自己分析をされてみてくださいね!

 

ウェッジだと問題ないのになぜ7番アイアンから上はうまく当たらないのか?

ところでウェッジはどうなのかというと、特に問題なく打てています。

極端な話、8番アイアンまでは、問題ないのです。

確かに7番アイアンと比べれば長さは違いますが、8番と7番はそこまで極端に違いがあるようにも

感じられません。

 

自分で言うのもなんですが、正直ウェッジは自信があります。

つまりアプローチですね。

私がスコアで100を切れたのはアプローチが上達したおかげといっても過言ではありません。

しかし、7番アイアンになると本当に当たらなくなるんです。

 

クラブの微妙な長さが影響している?

私の体型だと、8番と7番アイアンの微妙なクラブの長さが影響しているのかなと・・・

確かにクラブは短い方が扱いやすく振りやすいのですが、

こうも極端に8番と7番で差が出るとは思ってもみませんでした。

 

ゴルフを始めた当初は、7番アイアンばかり使っていましたので、昔は7番アイアンは

得意だったのに・・・

いつの間にやら一番苦手なクラブになってしまっていました。

ひょっとすと、苦手意識がありすぎて、スイング自体が8番アイアンと違っているんでしょうね。

 

7番アイアンに振りぬきにくい感覚がある

8番アイアンまでは感じなかった感覚で、7番アイアンでは振りにくい感覚があるわけですが、

それが、インパクトのあとが振り抜きにくいという感覚です。

8番と7番でフォローが若干違っていることに気付いたのです。

8番ではしっかりフォローの時に右腕が左腕の上にきています。

つまり、腕がしっかりと返って振りぬいているわけです。

 

しかし、7番アイアンの場合は、右腕が左腕の上までしっかりと返っていなかったのです。

ここに原因があると感じたのですが、修正しようとしてもなかなか上手くできませんでした。

どうすればいいのかわからなくなってしまったので、いろいろと調べてみることに。

 

すると、どうやらダウンブローというものが解決の方法になるのではないか?

ということがわかりました。

 

ダウンブローとはどういう打ち方?その効果とは?

スポンサーリンク

では、ダウンブローとはどういったものなのでしょうか?

なんだか「打ち込む」というようなイメージがありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

 

ダウンブローとはどういものなの?

ダウンブローについていろいろと調べてみたところ、クラブヘッドが最下点に達する前に

ゴルフボールにコンタクトする打ち方のことのようです。

つまり、すくい打ちやダフリではなく、クラブヘッドが下降中にボールを捉え、

ボールに当たった後に最下点に到達しているということですね。

 

ダウンブローの打ち方は?

では、そのダウンブローの打ち方ってどうやって打てばいいのでしょうか?

下の動画が私は非常にわかりやすくて、実際に練習の時に試してみたのですが、

イメージもしやすく参考になりました。

右手の伸ばし方や腕の返しなど右手の使い方が重要で、そのための練習方法や意識の仕方など

凄く参考になります。

 

あとはひたすら練習あるのみ!

この動画のようにイメージして練習を続けていけば、何かしら結果は出てくると思います。

私の場合は、まず打感がかなり変わりました。

インパクトゾーンが広がったことで、芯で捉えやすくなったのだと分析してます。

 

以前は、7番アイアンでだいたい150ヤードくらい飛んでいましたが、

今現在は145ヤードくらいです。(力がないので人より飛ばないww)

これは、クラブをカーボンからスチールに変えたことが影響していると思うのですが、

これまでは120ヤードくらいしか飛んでいませんでした。

この練習を繰り返し行ってからは、145ヤードくらいまで飛ぶようになりました。

とはいっても、その期間もおよそ2週間程度です。

2週間毎日練習していたわけではなく、週に2~3回の練習です。

少し意識を変えたり、注意点やポイントを知るだけで変わってきますので、

同じようにミドルアイアンで悩む方はぜひ試してみて下さいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は7番アイアンが全然飛ばない時の解決方法として、ダウンブローについて調べてみました。

私の場合は、これがハマって随分と改善されました。

ここで一度悩みをおさらいしてみましょう。

 

7場アイアンの飛距離が極端に出ない。
スライスが出やすい。
まっすぐ飛んでも力のない打球でフワッと上がる。
クラブヘッドがボールの下を潜り抜けている感覚がある。

 

このような感覚がある場合は、すくい打ちになっている可能性が高いです。

そんな人は、ダウンブローを打てるようになれば改善できると思いますので、

動画のように練習してみて下さい。

 

ダウンブローは飛距離だけでなく、ダフリやトップといったミスショットの防止にもなります。

ぜひアイアンで悩んでいる人は、この練習を取り入れてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。