今年の年末も実家に帰省するサラリーマンは大勢いるでしょうが、頭を悩ませるのが帰省ラッシュによる渋滞ではないでしょうか?

 

 

 

出来ることらなこんな渋滞には巻き込まれたくないのが本音でしょう。

渋滞ラッシュを回避できる手段はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

サラリーマンの仕事納めはいつまで?

2016年も残すところ1ヶ月を切りましたね。そろそろ今年の仕事も終わらせなけれいけませんが、一般的に今年の仕事納めはいつになるのでしょうか?

 2016年末〜2017年始の休みの特徴は?

2016年末~2017年始のカレンダーを見てみると、曜日の並びが悪いため連休としては短くなるようですね。

2016年 12月        2017年 1月

26日  月曜日        1日  日曜日
27日  火曜日        2日  月曜日
28日  水曜日        3日  火曜日
29日  木曜日        4日  水曜日
30日  金曜日        5日  木曜日
31日  土曜日        6日  金曜日

12月31日の大晦日が土曜日1月1日の元旦が日曜日という一番最悪なパターンになっていますね。

 

一般的にいつまでが仕事?

 一般的な企業は年末年始はどのような連休状況になるのでしょうか?官公庁のスケジュールをもとに見ていきましょう。

官公庁(公務員)の年末年始の連休は法律によって定められているため、一般の民間企業でもこれに基づいて年末年始の連休期間を設定しているところも多いようです。

今年の年末年始の連休期間は

12月29日から1月3日までの6日間

 となるようです。

つまり、一般的に仕事納めは12月28日までというふうに考えるといいようですね。

 

年末の帰省時期はいつ頃がいいの?

スポンサーリンク

上記のことを踏まえて、いつ頃から帰省すると渋滞に巻き込まれずにすむのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

帰省ラッシュはいつ頃になるか予測

 一般的に仕事納めは12月28日をなるわけですが、銀行などは12月30日なるようです。また、民間企業でも12月29日を仕事納めに設定している企業も実は少なくありません。

そのことも考慮すると、全ての企業が年内の仕事も終わっている12月30日から31日がもっともピークになると予想が出来ます。

この2日間は避けた方が無難なようですね。

有給を取るならいつ?

 このことを考えると、12月28日もしくは12月29日から移動をした方がよさそうです。可能であるならばこの2日間に有給を入れましょう。

また、高速道路で帰省する場合は夜中の方が当然空いているので、夜間の1時~2時から移動すると、さらに混雑を避けられる可能性が上がります。

当然ながら夜間の移動は眠気や視界が悪いためにその分危険度も増しますので、二人以上で運転し休みながらの帰省をおすすめします。

なにはともあれ、安全に帰省しなければいけませんからね。

移動手段別の帰省時期

93b1e91a7d4b14900b7693e79f78bc0a_s

 

次に、移動手段によって帰省時期や気を付けておくべきことがあるのかを見ていきましょう。

特に公共機関などを利用する場合は、早めの準備や予約が必要になるです。

車の場合

上記でも述べたように、おすすめとして12月28日か12月29日であれば渋滞に巻き込まれる可能性は低いと言えるでしょう。

夜間に移動する場合は、二人以上で運転を交代しながら行い、安全に移動しましょう。

鉄道の場合

新幹線などを利用して帰省する場合も、ピークはあ12月30日と12月31日となることが予想されます。有給休暇を取れるようであれば、12月28日から、遅くても12月29日に移動した方がよさそうですね。

いずれにしても、指定席のチケットを早めに購入して座れるように席を確保しておいた方が無難でしょう。

飛行機の場合

飛行機での移動も同様です。

ただし、新幹線などと違いチケットが座席の数だけになるためチケットの購入そのものができない可能性があります。

飛行機で立ち乗りは出来ませんからね。

新幹線よりも早めにチケットを購入し早め早めに準備をしておく必要があるようです。

 

まとめ

6413842d381ea9035bfa3c26454ff4eb_s

如何でしたでしょうか?

今年の年末年始の休日は、曜日の並びが悪くみんな帰省する時期が集中することが予測されます。

しかし、ピーク時期をあらかじめ予測しておくことで有給休暇などを使用すれば渋滞ラッシュに巻き込まれる可能性も下げることが出来るでしょう。

帰省日にちを早めに決めて、有給申請を出したり新幹線や飛行機のチケットを早めに予約してなるべく快適に移動できるよう準備をすすめましょう。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました。